《実例紹介》長く読まれるブログを書くなら名著『沈黙のWEBマーケティング』を読んでコンテンツを深堀すべし

長く読まれるブログを書くなら名著『沈黙のWEBマーケティング』を読んでコンテンツを深堀すべし。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

以前もブログで紹介したのですが、ブログなど長い間読まれるWEBコンテンツを設計するにあたって『沈黙のWEBマーケティング』はおさえておくべき名著です。

《実例紹介》長く読まれるブログを書くなら名著『沈黙のWEBマーケティング』を読んでコンテンツを深堀すべし

この本を参考にして作成した僕の実例をひとつ紹介しておきます。

下の記事は、働き方のスタイルとして「フリーランスエンジニア」について書いた記事になります。

《まとめ》営業不要!フリーランスエンジニアという自由な働き方(10のメリットやリスク、契約形態など)

《2019年まとめ》フリーランスエンジニアという自由な働き方(10のメリット、契約形態、定番エージェントなど)

2019年1月1日

 

見ていただいたとおりかなりの情報量があります。これって何もない状態からまともに書き出すととんでもなく時間がかかります。

ですが事前にマインドマップを使って、全体設計&下書きをすることで、情報の整理や執筆時間の大幅な短縮になります。

長く読まれるブログを書くなら名著『沈黙のWEBマーケティング』を読んでコンテンツを深堀すべし。

 

マインドマップを作成するためのツールはたくさんありますが、シンプルで早い「MindMeister(マインドマイスター)」を使っています。

オンラインで使え、Googleドキュメントのように自分以外のメンバーを招待することで同時編集も可能。

僕は実際にフリーランスエンジニアの友人にも追記・修正を依頼して、下書きマップを作りました。

だれもが手軽に情報発信できるようになった今、同じようなWEBコンテンツが跋扈しつつあります。

読まれるためには「当事者目線」でいかに深掘りした情報を出し続けることができるかがポイント。なぜなら当事者の実体験に基づく情報はコピペができないからです。

それらの情報をかき集めて整理する手法としてマインドマップを推奨しています。

執筆時間を大幅短縮するなら、まず全体の構成をマインドマップで10分で書き出せ。

ブログやプレゼン資料作成、時間短縮のためにマインドマップで「設計図」を作れ。

2019年4月28日
名著『沈黙のwebライティング』でも紹介されているマインドマップでコンテンツの発想を広げる。

名著『沈黙のWEBマーケティング』推奨のマインドマップでコンテンツの発想を広げ整理する。

2019年1月15日