《SEOツール》「keysearch Beta」は実用的かどうか検証してみた。

《SEO》関連キーワード一括取得無料ツール「keysearch Beta」は実用的かどうか検証してみた。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

これまでも書いてきましたが、ブログも少なからずSEOの恩恵を受けています。

そんな折に、「keysearch Beta」なるツールが便利だという投稿を見つけましたので、実用的か否か検証してみました(2019.8.30時点)。


まず結論からいうと、ふだんから既存のキーワードプランナーを使い慣れている人にとっては、「めちゃ便利!」と声を出すほどではありません。

理由は2つ。

❶ 階層が浅く深掘りができない

本来マインドマップは放射線状に延々と情報を広げていくツールです。

「keysearch Beta」の場合、二階層までしか表示されない仕様となっており、これ以上の深掘りができません。

いまSEOの検索アルゴリズムでは、いかにユーザーの検索意図に沿ったコンテンツであるかが問われています。

二階層までのワード群で止まるのであれば、深みのあるコンテンツはできにくく、きめ細やかなユーザーの検索意図には応えるのがむずかしくなります。

《SEO》関連キーワード一括取得無料ツール「keysearch Beta」は実用的かどうか検証してみた。

(特定のキーワードを指定すると「マインドマップ」形式で関連ワードが階層的に表示されるのが特徴)

❷ 表示キーワードの整合性の弱さ

結局のところ「keysearch Beta」は、どのようにキーワードを抽出してどう整理して並べるのかは、一定のルールに沿ってシステムが自動的に決めています。

現時点の精度をたとえると、初期のころの「Google翻訳」のような「この日本語訳、ちょっと微妙…」といった具合です。

とくにマインドマップであれば、階層的(大きな項目から順に小さい項目へと細分化)であることが特徴であり、とくにその点を期待しているユーザーにとっては、表示結果全体の整合性に歯切れの悪さを感じざるをえません。

どういう用途で使うとよいか

とはいえ「keysearch Beta」がまったくダメだというわけではありません。

「マインドマップ形式で第二階層まで抽出してくれる」=「そのワードの中分類までをざっくりとつかむことができる」という見方ができます。

マインドマップは二次元でビジュアル化されたものですので、一見複雑な情報も直感的に把握することができます。

高い精度は期待しないとしても、特定のワードについてある程度の傾向を最初にざっくり知りたいというときに「keysearch Beta」の検索窓をたたいてみてはどうでしょうか。

 

ちなみに僕はこちらの方法を実践しています。

《SEO効果あるコンテンツの作り方》ユーザーの課題や検索意図をマインドマップで整理して作る4ステップ

《SEO効果あるコンテンツの作り方》ユーザーの課題や検索意図をマインドマップで整理して作る4ステップ

2019年1月2日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。