名著『沈黙のWEBマーケティング』推奨のマインドマップでコンテンツの発想を広げ整理する。

名著『沈黙のwebライティング』推奨のマインドマップでコンテンツの発想を広げ整理する。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

WEBマーケティングやライティング界隈の人たちから絶賛されている名著『沈黙のWEBマーケティング』。ストーリー仕立てで、WEBマーケに関する知識とノウハウが学べます。

地図のように可視化するマインドマップ

本書の中で、WEBコンテンツの発想を広げ、出てきたアイデアを整理するためのツールとして紹介されているのがマインドマップです。

ユーザーの検索意図から逆算したSEO対策

少し前までのSEO(検索エンジン対策)も、定石としての対策はありましたが、Googleのアルゴリズムの改変によって表面だけのテクニカルな手法は通用しなくなりました。

最初からSEOありきの発想ではなく、

  • ユーザーにとって役に立つコンテンツか?
  • ユーザーの課題を解決するためのコンテンツか?

を追求することで、結果的にSEOにも効果あるコンテンツができることになります。

そんなユーザーの検索意図から逆算したSEO対策を施すための一つの道具としてマインドマップは有効です。

《SEO効果あるコンテンツの作り方》ユーザーの課題や検索意図をマインドマップで整理して作る

《SEO効果あるコンテンツの作り方》ユーザーの課題や検索意図をマインドマップで整理して作る4ステップ。

2019年1月2日

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり