《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

パソコンにアプリをインストールせずに、ブザウザでそのままマインドマップを作成したい!」といった声を聞きます。

そこで僕が選んだWEBブラウザで使える無料の【オンライン】マインドマップツール14選を主観たっぷりのコメントレビュー付きで紹介します。

マインドマップ特化型

まずは、文字通りマインドマップだけに「特化」したツールから紹介。「余計な機能はいらないからシンプルにマップだけを作りたい」という人におすすめ。

MindMeister(マインドマイスター)

マインドマイスター_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(2007年リリースの老舗マインドマップ。シンプルさと直感的な操作性を併せ持つ)

シンプルで軽快さが特徴の「MindMeister」は、国内外で1400万ユーザーに使われており、これまで1.3億のマップが作成されました。個人だけでなく企業や教育機関でも広く活用されています。

Microsoft Teamsとも連携し、Teamのダッシュボード内でそのままマップを作成・共有もできるようになりました。

川添ユウキ

いつも使うツールなのでやっぱりシンプルが一番。経営者の思考整理からYouTuberの動画のシナリオ台本作りにいたるまで幅広い属性の人に使われています。公式サイトでは【割引優待コード】を配信中です。おすすめ度 ★★★★★

「Xmindが重い...」そう感じたら軽いMindMeisterへの乗り換えをご検討ください。

「Xmindが重い…」そう感じたら、サクサク軽いMindMeisterへの乗り換えをご検討ください。

2019年1月3日

coggle(コグル)

coggle_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(静かな人気を誇るCoggle。ややデザインに癖あれどシンプルさが売り)

MindMeisterと並んでサブスクリプション型の人気マインドマップツール「coggle」。

マインドマップがメインですが、フローチャートがかんたんに作れるのも特徴です。画面は英語表記、複数メンバーとの同時編集も可能。無料版は3つまで、有料版だと無制限でマップが作成できます。

川添ユウキ

coggleもシンプル。リンクや画像の挿入がとてもスムーズにできる。しいて言うと、ノード(枝)の線が太いのがやや苦手…Cacooと似た感じでポップなデザインながらやや玄人好みのデザインか。おすすめ度 ★★★★☆

Mindomo(マインドモ)

mindomo_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(無料版は3つまで作成可能。有料版だとパスワードで保護機能も)

「Mindomo」もオンラインで作成できるマインドマップツールの代表格です。

豊富なテンプレートに加えて、多様なファイル形式での書き出し/読み込みができます(エクスポート形式は8種類〜12種類、インポート形式は7種類)。

川添ユウキ

10年以上前から存在するMindomo。際立った特徴はないが、根強いユーザーも多し。ややデザインが古めかしいが、プレゼンモードなど欲しい機能は満たしている。おすすめ度 ★★★☆☆

MINDMUP(マインドマップ)

mindmup_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(多機能なMINDMUP。日本語未対応)

「MINDMUP」は、Coggleと同じく若干の癖があるのは好みが別れるところです。

ブレスト、プレゼンテーションの作成、およびマインドマップを使用したアウトラインの文書化、オンライン共有など多彩な使い方ができます。

MindMup 2 For Google Drive」をインストールすることで、Googleドライブ上でマップを作成・編集することも可能です。

川添ユウキ

MindMeisterやCoggleといったシンプルなUIに慣れたユーザーにとっては、多くのアイコンが並んだMINDMUPの画面インターフェイスにアレルギーを感じるかも。とはいえ、日本語未対応をのぞけば選択肢としてアリ。おすすめ度 ★★★☆☆

Text2MindMap(テキスト2マインドマップ)

text2mindmup_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(モニター画面「左右」連動型のマインドマップ作成ツール)

マインドマップ特化型の中でもひときわ異彩を放つのがこの「Text2MindMap」。単にツリー構造のマインドマップを作成するというシンプルな目的のために設計されています。

画面【左】にテキストを書き出していき、【右】側にマップ形式で自動表示されるという仕様です。左を階層的に書くと、右のマップにもそれが反映されます。

たとえばエクセルなどからテキストを抽出し、コピペすれば手軽にマインドマップを作成することができます。

川添ユウキ

万人ウケはしないものの、ツリー構造で書きたいユーザー層のために存在するツール。おすすめ度 ★★☆☆

Brainio(ブレイニオ)

Brainio_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(マークダウン記法でメモを書きながら自動的にマインドマップ化)

ライフハッカーに「メモをとる感覚でマインドマップが作成できるアプリ」として紹介された『Brainio(ブレイニオ)』。画面の構造は Text2MindMapに似ていますが、最大の特徴は、マークダウン記法でブラウザ上でサクサク書けること。

また【メモ ⇄ 両画面 ⇄ マインドマップ】の画面切り替えもかなりスムーズ。画面右上のアイコンから行えるため、ビジュアルを確認しながらの作業が容易にできます。ダウンロード版もあり。

Brainio(ブレイニオ)_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(画面切り替えアイコン)

川添ユウキ

マークダウン式でどんどんアイデアを書き出していきたい人に打ってつけ。UIも無駄なくシンプル。Qiitaの記事などの構造整理をしたりするのに一役買いそうな知られざるツール。おすすめ度 ★★★★★

複合型

次にマインドマップだけでなく、フローチャートやワイヤーフレームなどの作図機能など、諸々の機能もかねそなえた「複合型」のツールです。

⑦ miro(ミロ)

miro_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

クリエイティブチームのリモート会議に最適な「miro」

2020年もっとも注目なのが「miro(ミロ)」。一言であわらすと、“クリエイターのためのオンラインホワイトボード”。世界で500万ユーザーが利用し、NetflixやTwitter、Spotifyなどの名だたる企業も導入しています。

チームのリモート会議に最適!オンラインホワイトボード miro(ミロ)

使い心地はトップレベル。リアルタイム性、柔軟性など群を抜いています。遠隔リモートでオンライン会議やブレスト、手書きでなくても伝わる図がサクサクと書けます。

テンプレートも50種以上と豊富でどれも美しい。付箋紙をベタベタ貼ったりと会議でやることのすべてがこれで完結。マインドマップもスムーズに動くのでアイデアを逃さなくてすみそうです。

川添ユウキ

クリエイティブなチームにはこれ以上にないツール。画面共有しながらの会議やワークショップにも最適。管理者が有料ユーザーであれば動画チャットもできる。もちろん無料ユーザー同士でもZOOMを使えばOK。あとは日本語未対応を待つ。おすすめ度 ★★★★★

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

2020年4月11日

⑧ Whimsical(ウィムジカル)

whimsical_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(シンプルで直感的、フローチャートをメインに使うユーザーにおすすめ)

「Whimsical」は、日本語訳すると、「気まぐれな」という意味で、いわゆるビジュアルコラボレーションに分類されるツールです。

僕がWhimsicalを実際に触ってみた第一印象は「シンプルで高速すぎる!」でした。というのも開発のきっかけが、「同様のコラボツールたくさんあるけど、どれも同じでしかも複雑」という不満から端を発したのですが、その課題が見事に体現されています。

川添ユウキ

miroに持っていかれた感はあれど、特筆すべきはフローチャートの使い勝手のよさ。無料だと4つのボードまで作成できる。無制限の有料プランは月12ドル(月契約)とやや高め。おすすめ度 ★★★★☆

【Whimsical】シンプルで高速すぎるデザインツール(マインドマップ/ 付箋/ フローチャート/ ワイヤーフレーム)

【Whimsical】シンプルで高速すぎるデザインツール(マインドマップ/ 付箋/ フローチャート/ ワイヤーフレーム)

2020年5月31日

⑨ Lucidchart(ルーシッドチャート)

lucidchart_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(チームコミュニケーションを促進するためのツール。ユーザー数は1500万以上)

Visio (ビジオ) の代替ツール”といったイメージがある「Lucidchart」。公式サイトによると、世界で数千社企業が乗り換えをしているといいます。

マインドマップ以外にもフローチャート・組織図・UMLなどソフトのちに紹介する「Cacoo」を企業向けによりカチっとしたような印象があります。

川添ユウキ

VISIOとくらべるとコスト面(月900円/ユーザー1名)でも優位で導入しやすい。データインポートもOK。ただマインドマップ単体だけを使う理由はあまり見当たらない。おすすめ度 ★★★☆☆

⑩ Milkr(ミルカー)

milkr_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(隠れたファンも多いmilkr。チーム間のシェア設計が秀逸です)

「Milkr」は、シンプルなUIが特徴のチームでの情報管理ツールです。

情報を収集し、結び付けて知識にまとめる」ことをミッションとし、イメージ的にはのちに紹介するMilanoteに近く、非定型的なマインドマップを作成・共有することができます。

川添ユウキ

日本ではあまり知られていないMilkr。通常のマインドマップの場合、キーワードをつなげていくが、Milkrは付箋のようにメモ書きをつなげ知見を整理していくイメージ。現在ベータ版提供、なんと無料で作成マップ数が無制限に使える。おすすめ度 ★★☆☆☆

Zenkit(ゼンキット)

zenkit_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(マインドマップをはじめ自在にView形式を選べるプロジェクト管理ツール)

「Zenkit」はマインドマップ・リスト・かんばん・カレンダー・テーブルなど複数のView形式を選べるプロジェクト管理ツールです。プロジェクトの状況やメンバーの好みに応じてタスクの見方を変えられるのが特徴。

またTrelloやGoogleスプレッドシート、エクセルで管理しているタスクをインポートすることもできます。UIも洗練されておりとても使いやすいです。

川添ユウキ

5つのView形式を選択できるのが最大の特徴。マインドマップでタスク管理は好みが分かれるところ。ガントチャートからは見えてこないタスク同士の関連性が可視化できるのがよい。おすすめ度 ★★★☆☆

Milanote(ミラノート)

milanote_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(デザイナーに人気の自由度の高いWEBビジュアルボード)

“クリエイティブのためのEvernote”とも呼ばれているのが「Milanote」です。デザイン等のクリエイターを中心に人気があります。

画面をボードとみなし、そこに画像や動画、テキスト、WEBクリップ、ファイルなどあらゆる情報を好きに並べ、視覚的に整理するビジュアルボード。マインドマップのように情報同士を線でつなげることも。

川添ユウキ

どちらかというとmiroに近しいデザインツール。ホワイトボードの上にマインドマップ調にあらゆる情報を並べて整理する。なにより美しくUIはトップレベル。おすすめ度 ★★★★★

《トーク解説》“クリエイティブのためのEvernote”と呼ばれるクラウドメモツール「Milanote」の特徴とユーザー登録方法をざっくりと

2017年1月25日

Cacoo(カクー)

cacoo_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(多様な作図がオンラインで作れる。チームメンバーと共有して同時編集も)

「Cacoo」は、サイトマップ、フローチャート、マインドマップ、ワイヤーフレーム、モックアップ、UML構成図などを作成するためのオンライン作図ツールです。

日本発のサービスで世界で250万人以上に使われており、その多くが海外のユーザー。とくに国内ではマインドマップ作成よりも「ワイヤフレーム作成ツール」としての認知が高いです。

マインドマップに限らず、いろんな作図を作りたいのであればCacooを選ぶのがおすすめ。

川添ユウキ

VISIOをブラウザで小気味よく使っている印象。フローチャートなど作図テンプレートも豊富で美しいビジュアルが描ける。マインドマップ一択で使うのはあまり考えにくいが、他の用途と抱き合わせだと選択肢としては十分。おすすめ度 ★★★★☆

Sketchboard(スケッチボード)

sketch_board_《2020年完全版》WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール&アプリ比較14選

(チームのためのオンラインホワイトボード。無料版は3つまでボード作成可能)

「Sketchboard」は、Milanoteをよりカジュアルにした印象のツールです。

遠方のチームとのブレストなどリアルタイムのコミュニケーションに最適化された「Google Docsのホワイトボード版」というイメージです。

Slack、GitHub、Googleドライブなど他のクラウド連携も秀逸。

川添ユウキ

その名のとおり、ホワイトボードにスケッチしながらマインドマップ風に情報をまとめていくツール。iPadと相性がよさそう。使っていて楽しくなる。どちらかというとお堅い会社が使うイメージではないか。おすすめ度 ★★★☆☆


 

以上です。

市場の流れとしてWEBサービスの課金モデルも、「買取型」から「サブスク型(月額課金)」へとシフトしていくなかで、とりあえず無料で使ってみて気に入ったら有料プランへと移行するというやり方も当たり前になりました。

ここで紹介したツールのほとんどは無料版がありますので、まずは気になったものをいくつか試してみられるとよいかと思います。

個人的には2010年くらいから使っている「MindMeister」がイチオシです。やはりシンプルなのがいい。

《比較表》マインドマップツール、XMind・coggle・mindmeisterでどれが一番おすすめか?

《比較表》人気マインドマップツール、XMind・coggle・mindmeisterでどれが一番おすすめか?

2018年4月1日
Chromebookでも使えるマインドマップにはMindMeister、Cacoo、Coggleなどがあります。

Chromebookでも使えるマインドマップにはMindMeister、Cacoo、Coggleなどがあります。

2019年6月29日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。