仕事の課題をマインドマップで洗い出すと思考が整理され、改善点も見えてくる。

仕事の課題をマインドマップで洗い出すと思考が整理され、改善点も見えてくる。


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

ここ数年はキャリア系の相談案件が増えており、とくに

  • どのように仕事の課題を整理すればいいのか?
  • この先のキャリアをどう組み立てればよいのか?

といった点を相談いただくことが多いです。

 

もし多少なりとも時間があるようであれば、まず相談に来られる前に、現状がどうなっているのか?頭の中にあるモヤモヤやアイデアを書き出すことをおすすめしています。

俗にいう「ブレインダンプ」という方法なのですが、とにかく脳内から外部にすべてを吐き出すんです。

《ブレインダンプ》アイデア出す?考えるんじゃなく、思いっきり書きなぐれ!

2019.06.12

 

書き方は自由。

箇条書きでもいいですし、マインドマップ形式でもOK。

 

くりかえしますが、重要なのは外部にすべて出すこと。出す、出す、出す!

そうすると客観的に、そして冷静に自分自身を見ることができ、わざわざ第三者に相談せずとも、自分がどうすればいいのか?課題点が浮き彫りになることがあります。

モヤモヤを脳内にしまった状態だと、なにも見えてきません。悶々とした状態が続くだけです。

本人にとっては「考えている」つもりでも、実際は「悩んでいる」状態になります。

だからこそブレインダンプ!脳内から外部にすべてを吐き出しましょう。

《ブレインダンプ×マインドマップ》将来のことやキャリアに悩んだら「やりたいこと」をひたすら書き出せ。

2019.05.30


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。