《ブレインダンプ》アイデア出す?考えるんじゃなく、思いっきり書きなぐれ!

《ブレインダンプ》アイデア出す?考えるんじゃなく、思いっきり書きなぐれ!

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

アイデアがひらめくタイミング

いいアイデアをひらめくにも、人によって「タイミング」があります。

  • 外を眺めてぼーーーっとしているとき
  • 部屋の中で考えているとき
  • 自然の中を散歩しているとき

など人それぞれ。

断片ではなく「連鎖的」に出す

ですが、上記の場合「断片的」なアイデアにとどまることが多いです。

もっと「連鎖的」にどんどん湧き出すようにする方法が、とにかく【書きなぐる】ことです。

書いている最中にアドレナリンが動員され、アイデアとアイデア、つまり点と点がつながっていきます。

 

こちらのツイートがまさにそのイメージに近いです。

大量のアイデアに自分が驚く

脳みその中にある考えをすべて書き出すことを「ブレインダンプ」と呼びます。

仕事上のアイデアだけでなく、自分の目標や大切にしていることなどを客観視し、新たな可能性の発見することにもつながります。

重要なのは自分の「外」にぜんぶ出すこと。

気がついたときには、「これらのアイデアは自分の中から出てきたものなのか??」と驚くことでしょう。

なぜなら書きなぐっている最中は、夢中になっていて我を忘れているためです。

 

ブレインダンプをやるときの道具は、上のツイートでも使われているように「MindMeister(マインドマイスター)」がおすすめ。軽くてシンプルなのが特徴です。

《ブレインダンプ×マインドマップ》将来のことやキャリアに悩んだら「やりたいこと」をひたすら書き出せ。

《ブレインダンプ×マインドマップ》将来のことやキャリアに悩んだら「やりたいこと」をひたすら書き出せ。

2019年5月30日