《ブレインダンプ×マインドマップ》将来のことやキャリアに悩んだら「やりたいこと」をひたすら書き出せ。

《ブレインダンプ×マインドマップ》将来のことやキャリアに悩んだら「やりたいこと」をひたすら書き出せ。

アイガモ🦆代表の川添です。

僕はふだん「編集の力で世の中を丸くする」をミッションに掲げて仕事をしています。

将来のことやキャリアに悩む学生さんなんかには、「やりたいこと」をひたすら書き出せとよく言っています。

なぜかというと、脳内のモヤモヤを外に吐き出すことで自分を客観視できるからです。

ちなみにブレインダンプとマインドマップ、似て非なるこの2つの手法を使うと効果的です。

それぞれの意味は、

  • ブレインダンプ⇒ひたすら書き出すこと
  • マインドマップ⇒そのための手法

となっています。

ちなみに後者は、紙でもデジタルでもどちらでもOKです。

《比較》マインドマップ、紙に書くか?オンラインで書くか?どちらが良いか比べてみた

2017.11.28

やりたいことの【解像度】を高める

昨日けんすうさんがnoteでこんな投稿をされていて、かなり腑に落ちる内容でした。

https://twitter.com/kensuu/status/1133485488289878016

ただ単に「やりたいこと」を書くのではなく、もう少し具体的に踏み込んで【解像度】を高めると、よりイメージができるので、ムダなく正しい行動ができるようになるよといった主旨。

概説だけでなく、その解像度を高めるためにどのようにすればよいかも書かれています。経験談をまじえてあり、納得性も高い。100円で全文読めるので、関心ある方はぜひ読んでみてください。

 

手順としては、

  1. とりあえず「やりたいこと」をひたすら書き出す
  2. ❶に対してけんすう流に倣って解像度を高めてみる

を試してみては?現実に即したアクションプランのできあがります。

「自分のモノサシ」を持つには、まず自分を知ることから

2019.04.30


「編集」の力で世の中を丸くする。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。