《大学でも実証済み》ノートを取るならマインドマップ。理解度UP&記憶の定着も

《プログラミング学習×マインドマップ》AWSなどのフレームワークは全体像を把握すると理解しやすい。


カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」して、進むべき道筋をつくる仕事をしています。

マインドマップ暦10年くらいですが、あきらかに効果があります。

普通のノート術となにがちがうかというと、情報全体が視覚的に俯瞰できて、アイデアも出やすいわりにとっ散らかることもなく、論理的な構造になっているからです。

(※)サイモンフレーザー大学の実験「The Official Biography of Tony Buzan」より

 

僕は用途やシーンに応じて、

  1. アナログ手書きで書くか?
  2. デジタルオンラインで書くか?

を使い分けています。

❶ アナログ手書きで書く

前者だと「ZEQUENZ(ジークエンス)360°」でがしがし書いています。このブログでも実例を紹介しています。

《大学でも実証済み》ノートを取るならマインドマップ。理解度UP&記憶の定着も

「ZEQUENZ360」ノートの使い方を写真付きで公開します!

2019.01.13

❷ デジタルオンラインで書く

後者だと専用のツールを使います。中でも「MindMeister(マインドマイスター)」がシンプルで使い勝手がよく仕事でも重宝しています。無料プランもあります。

《大学でも実証済み》ノートを取るならマインドマップ。理解度UP&記憶の定着も

圧倒的に軽い!マインドマップ作成ツール最強説は「MindMeister」

2018.10.27

実はもうひとつ、❶と❷のちょうど中間にあたる「手書きでありながらデジタルオンラインで書く」という方法もあります。

iPadなどのタブレットで手書きというやり方です。最適なメモアプリをいくつか紹介していますので関心ある方は試してみてください。

《2019年版》iPadで手描きマインドマップおすすめ2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

2019.02.11


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。