《2019年版》iPadで手描きマインドマップおすすめ2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

《2019年版》iPad手描きマインドマップに最適な2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

カワゾエです。

ブレストや思考の「整理」に便利なアイデアツール《マインドマップ》。

世界1000万人が利用する「MindMeister」の公認エヴァンジェリストとして日々普及活動をしています。

iPadでの手描きノートアプリはたくさんあります。

とくに人気なのが、

  • Noteshelf2
  • GoodNotes4
  • MetaMoji
  • Apple純正メモ帳
  • Notability

あたりです。

それでよく「マインドマップを描くのにおすすめノートアプリってどれですか?」と聞かれますので、僕のおすすめを紹介します。

1位は『Notability』

《2019年版》iPad手描きマインドマップに最適な2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定! 身銭を切ってすべて試してみましたが、僕の場合は『Notability』ですね。

たまに仕事でインタビュー取材をするため、マインドマップ形式でメモをとりながら同時に録音できるのがよいです。

録音データも細かく分割して記録されますので、話のトピックスごとに録音データがストックされます。

【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

2018.07.26

2位は『GoodNotes4』

《2019年版》iPad手描きマインドマップに最適な2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!つぎにおすすめなのが『GoodNotes4』ですね。

これについてはYouTuberのLEOさんのレビュー動画がわかりやすいです。彼も生粋のマインドマッパーです。

『GoodNotes4』のとくに良い点を6つピックアップされています。

❶ ラグが発生せず普通に描きやすい

❷ Appleペンシル2のダブルタップに対応している

❸ 図解選択機能が使いやすい

❹ フォルダ分け機能

❺ スプリットビューを使ったドラッグ&ドロップ機能

❻ 手書きデータのテキスト化

使いやすさは変わらない

はっきり言いまして、『Notability』も『GoodNotes4』も描きやすさや使いやすいさは変わらないです。基本的な機能はほぼカブっていますし。

どちらを選ぶかの分岐点となるのは、UIやデザイン、自分にとって必要な機能の有無になりそうです。

《比較表》

《2019年版》iPad手描きマインドマップ2大アプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!Notability 《2019年版》iPad手描きマインドマップ2大アプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!GoodNotes4
❶ラグ無しでの描きやすさ
❷ApplePencilのWタップ対応
❸図解選択機能の使いやすさ
❹フォルダ分け機能
❺ドラッグ&ドロップ機能 ×
❻手書きデータのテキスト化
録音機能 ×
ライブプレビュー ×

※2019.年2月時点

《ライター必見》ヒアリング取材メモ、箇条書きではなくマインドマップで「情報地図」を描こう

2018.09.11


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。