人生の半分は整理整頓である

人生の半分は整理整頓である

“小さな組織が大きな仕事をつくる”のに最適な『武器』の一つがマインドマッピングです。

整理整頓ができる人は仕事ができる

ドイツでは、「整理整頓は生き方の基本である」とされています。同国には「Ordnung ist das halbe Leben」ということわざがあるほど。意味は「人生の半分は整理整頓である」。

その意味が転じて、整理整頓ができる人はタイムマネジメントもできていて、仕事や勉強もできるとみられます。

ドイツでは「整理整頓は生き方の基本」

『ドイツ流シンプル整理術』を提唱する門倉多仁亜さんいわく、

ドイツ人はみな、身の回りをすっきり保つことは大切なことと子どもの頃から言われて育つんですよ。

ドイツは日本に比べて、自宅で過ごす時間が長いこともあり、ドイツ人は家を居心地よい空間に保つ努力を惜しみません。家族全員が整理整頓を心がけて過ごせば、それほどの労力にもなりませんし。なにより、散らかっているのはみんな嫌い。整理整頓は生き方の基本なんです。

完全に習慣化されていますね。当たり前のこと。完ぺきにマネようとしても一朝一夕にできるものではないです。

整理すること自体が目的化

仕事の中で私は、Evernoteのアンバサダー活動をしています。
普段からいろんなユーザーの使い方をみていると、日本人ユーザーには他の国にはないある一つの特徴があります。

それは、「とにかくノートブックでカテゴリを自分の納得いくまできっちりと決めて、ノートを貯めていきたい」というユーザーが多いということ。カテゴリは後からいくらでも変更が可能なんです。

整理すること自体が目的化している。Evernoteを使っていても、きっとどこかで空回りしているはずです。上のドイツ人のような目的ありきの整理とは異なります。

まずは簡単なところからはじめてみる

14742904577_67e5452da7_z

まずはEvernoteにしろ、日々のやるべきことの整理にしろ、まずは簡単なところからはじめてみてはどうでしょう。

  • マインドマップで思いのままにとにかく箇条書きにしてみる
  • 色別のポストイットを使う。赤は仕事、青はプライベートをわけて書く
  • モレスキンにその日にやるべきことや昨日までのやり残しをすべて書き出す

毎日のタスクをシンプルに整理

タスク整理のスマホアプリもたくさんあるので、通勤時の電車の中でもできます。

ChatWork社でマーケティング部のマネージャをしている堀江裕隆さん。彼の日々のToDo管理はマインドマッピング。クラウドの「MindMeister(マインドマイスター)」を使っています。

日別にタスクの枝を追加して終わったらチェックボックスにチェックをいれるだけのシンプル管理です。

最初から完ぺきを目指そうとするから挫折します。スロースタートでOK。少しずつでも、何より続けることが大事です。

整理整頓がニガテ!という方に

最後に書籍の紹介。門倉さんの著作、とくに整理整頓がニガテ!という方に強くおすすめします。



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。