《マインドマップの達人 #031》認知行動療法として心のリラックスやストレス解消に使う

《マインドマップの達人 #031》認知行動療法として心のリラックスやストレス解消に使う

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

31回目は、「認知行動療法として心のリラックスやストレス解消に使う」です(👉これまでの記事一覧

やるべきタスクを一度書き出す

ストレスで落ち込み、苦しくなっているときほど、自分のダメな点ばかり目に入ったり、何もかも自分のせいにするなど、ネガティブな考え方に陥りがちです。

このような偏った考え方(認知のゆがみ)の多くは、心のトレーニングである認知行動療法が有効であることが実証されています。

まず手軽にできることとして、ノートに「いまの状況」「自分の考え」「取っている行動」「そのときの気分」をできるだけ詳しく書き出すと心が整理され、自分自身を客観的に見つめることができます。

《勉強法》メンタリストDaigo「筆記開示(ブレインダンプ)でメンタル改善と脳機能がアップする」

《勉強法》メンタリストDaigo「筆記開示(ブレインダンプ)はメンタル改善と脳機能がアップする心理療法」

2019年6月4日

参考事例

👇 こちらの方はうつ病を患った際に、手書きのマインドマップで頭のなかを可視化することで軽減したそうです。

《比較》マインドマップ、紙に書くか?オンラインで書くか?どちらが良いか比べてみた

2017年11月28日

無料でサクッと作成するなら

川添

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。