《マインドマップの達人 #029》コロナ対策など有事にやるべきことをマップでまとめる

《マインドマップの達人 #029》コロナ対策など有事にやるべきことをマップでまとめる

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

29回目は、「コロナ対策など有事にやるべきことをマップでまとめる」です(👉これまでの記事一覧)。

散らばっている情報は集約して体系化する

とくに新型コロナウイルスなど有事の際には、ネットを中心に情報が錯綜したり分散しがちになり、必要な情報を必要なだけ知ることが困難になります。

マインドマップ形式であれば、それらの情報を一箇所に集約するとともに、情報にもれやダブりがないように体系的にまとめることができます。

複数メンバーで同時編集も

オンラインで使えるMindMeisterを使うことで、複数のメンバーがそれぞれの端末で遠隔から同時に編集することが可能。Wikipediaのようにそれぞれが情報を追記したり、整理することで情報に偏りもなくなります。

《マインドマップの達人 #029》コロナ対策など有事にやるべきことをマップでまとめる

参考事例

👇 こちらの方は離島である久米島町のコロナ対策でやるべきことをMindMeisterでまとめられたようです。

🔎拡大したマップ

《マインドマップの達人 #029》コロナ対策など有事にやるべきことをマップでまとめる

無料でサクッと作成するなら

川添

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。