《マインドマップの達人 #032》初心者はまず自己紹介をマインドマップで描こう

《マインドマップの達人 #032》初心者はまず自己紹介をマインドマップで描こう

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

32回目は、「初心者はまず自己紹介をマインドマップで描こう」です(👉これまでの記事一覧

「自己紹介」をマインドマップで

はじめてマインドマップを描く場合、なにをテーマにすればいいか悩む場合があります。

そんなときは「自己紹介」がおすすめ。

作成手順

  1. 紙のノートとペンを用意(※慣れないうちは紙で)
  2. 自分のことをキーワード単位で、思いつくままにポンポンと書き出していく。
  3. ある程度、キーワードを書き出せたら「仕事」「家族」「趣味」「性格」「目標」などの大きなカテゴリでグループ分けしていく(←練習なのであまり細かく考えないこと)。

気がつくと自分のことが紙いっぱいに広がり、体系的にまとまってすっきりした感覚を覚えるはずです。さらに自分を客観的に俯瞰できることで、目標に向かってのモチベーションアップにつながります。

《自己紹介》自分が何者であるかをマインドマップに書き出して対話すると盛り上がる

《自己紹介アイスブレイク》自分が何者であるかをマインドマップに書き出して対話すると盛り上がる

2019年6月20日

参考事例

👇 こちらの方は、紙ではなくオンラインのマインドマップ(MindMeister)で自己紹介を描かれています。

無料でサクッと作成するなら

川添ユウキ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。