《マインドマップの達人 #001》新しいサービスの企画や計画をまとめる(使い方と事例)

《マインドマップの達人 #001》新しいサービスの企画や計画をまとめる(使い方と事例)

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

1回目は、「新しいサービスの企画や計画をまとめる」です(👉これまでの記事一覧)。

アイデアを拡散〜収束

新しいサービスを立ち上げるとき、いろんなアイデアが分散し収集がつかなくなることもあります。

マインドマップを使うことで、アイデアを拡散しながらも収束させてまとめることができます。

手順は以下のとおり。

  1. まずは「ブレスト」を行います。
  2. 出たアイデアをマインドマップに書き出します。
  3. 各項目ごとにまとめます。

項目例

新サービスの企画や計画に必要な項目として、以下のようなものがあります。

  • コンセプト
  • ターゲット
  • 売上目標
  • 営業計画
  • マーケティング手法
  • パートナー開拓
    など

※この項目のことを「トピック」または「ブランチ(枝)」とも呼びます。

参考事例(WEBエンジニア)

👇 膨大な情報が階層的にわかれていながら、全体として一枚のマップにまとまっています。

無料でサクッと作成するなら

川添

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。