《マインドマップの達人 #016》アプリ開発時には構成図を書き出して全体像を整理する

《マインドマップの達人 #016》アプリ開発時には構成図を書き出して全体像を整理する

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

16回目は、「アプリ開発時には構成図を書き出して全体像を整理する」です(👉これまでの記事一覧)。

初期段階での「構成図」がカギ

アプリ開発において要(かなめ)となるのは、実現したいアプリの完成図から構成やフロー、そして取り入れることになる機能を設計することです。

そのためにはやはり初期段階での「構成図」がカギとなります。ヌケやモレがあると、後々の開発過程に影響してくるからです。

そこで「構成図」を作るのにマインドマップを使うことで、これらの問題を回避できスムーズな開発が可能となります。

参考事例

👇 こちらは実際の例です。

全体を可視化することで時間短縮にも

アプリ開発に限らず、マインドマップはあらゆるシーンで応用がききます。

たとえばブログやプレゼン資料の構成づくりにも活かすことが可能です。構成図はこれからつくろうとうする成果物のいわば「設計図」にあたるわけです。

執筆時間を大幅短縮するなら、まず全体の構成をマインドマップで10分で書き出せ。

ブログやプレゼン資料作成、時間短縮のためにマインドマップで「設計図」を作れ。

2019年4月28日

無料でサクッと作成するなら

川添

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。