《マインドマップの達人 #028》資格試験で過去問の開放をマインドマップでまとめる

《マインドマップの達人 #028》資格試験で過去問の開放をマインドマップでまとめる

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を集めます。

28回目は、「《マインドマップの達人 #028》資格試験で過去問の開放をマインドマップでまとめる」です(これまでの一覧)。

情報を体系的にまとめ可視化する

とくに出題範囲が多い資格試験である場合、そのための有効な対策としては「全体像をつかむ」ことです。最初から個々の問題から着手してしまうと、膨大な量に翻弄されてしまいます。

まず全体を把握し、自分の頭のなかで体系的に情報をまとめておくことで、構造的にとらえることができるため効率的に学習することができます。

これはどの資格試験にも言えることです↓

《マインドマップの達人 #014》FPや中小企業診断士など資格試験の出題内容を体系的に整理する

《マインドマップの達人 #014》FPや中小企業診断士など資格試験の出題内容を体系的に整理する

2000年4月30日

参考事例

👇 こちらの方は電験(電気主任技術者)の過去問の解放をMindMeisterでまとめられたようです。

無料でサクッと作成するなら

カワゾエ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで俯瞰しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。