《マインドマップの達人 #017》英語や韓国語など外国語の勉強は「芋づる式」に覚えると効率的!

英語や韓国語など外国語の勉強は「芋づる式」に覚えると効率的!

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を集めます。

17回目は、「《マインドマップの達人 #017》英語や韓国語など外国語の勉強は「芋づる式」に覚えると効率的!」です(これまでの一覧)。

言語の法則を抑える

外国語を学ぶにあたって、世の中にはさまざまな勉強法があります。

もっとも効率的な覚え方は、「その言語が持っている法則」を抑えて学習することです。たとえば英語にしても、その語源を知っておくことで関連した単語を一気にインプットすることができます。

(例)

  • 接頭辞「ad」⇒物事の方向を示す意味
  • 接頭辞「in」⇒中に入り込むという意味

参考事例

👇 こちらは韓国語を100単語覚えるのにマインドマップを活用した事例です。

つながりや関連性で覚えると早い

マインドマップは、関連する言葉を放射線状に書き出していくのですが、実はこれ脳みそのシナプスと同じ構造をしていて、アイデアを出すのに理になかった形式なのです。

しかもおのずとロジカルツリー(論理的な構造)になっている。

無料でサクッと作成するなら

カワゾエ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)