《マインドマップの達人 #023》Progateなどプログラミングの学習ノートを作って理解を深める

《マインドマップの達人 #023》Progateなどプログラミングの学習ノートを作って理解を深める

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を集めます。

23回目は、「《マインドマップの達人 #023》Progateなどプログラミングの学習ノートを作って理解を深める」です(これまでの一覧)。

学習する領域を整理する

いま人気の学習テーマがプログラミングです。「Progate」をはじめとしてさまざまな学習サービスが存在しています。

プログラミング学習ではなんといっても一つ一つの知識の積み上げが重要です。しかも専門的であり、覚えるボリュームも膨大であるため、自分がどの領域(AI、WEB系など)を重点的に学びたいのかを見極めが必要。

それがある程度決まったら、学習した内容をマインドマップで整理していくと、より効率的に理解を深めることができます。

《プログラミング学習×マインドマップ》AWSなどのフレームワークは全体像を把握すると理解しやすい。

《プログラミング学習×マインドマップ》AWSなどのフレームワークを全体像を把握すると効率的で理解しやすい。

2019年1月11日

参考事例

👇 こちらは「Progate」で学んだ内容をマインドマップを学習ノートとして活用されています。

つながりや関連性で覚えると早い

マインドマップは、関連する言葉を放射線状に書き出していくのですが、実はこれ脳みそのシナプスと同じ構造をしていて、アイデアを出すのに理になかった形式なのです。

しかもおのずとロジカルツリー(論理的な構造)になっている。

無料でサクッと作成するなら

カワゾエ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)