検索キーワード逆引き⇒マインドマップ化すればYouTube動画やブログのネタは無限。

サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

YouTubeにしろ、ブログにしろ、ネタ切れで情報発信を止めてしまう人があとを絶ちません。その一方でネタ切れを起こすことなく毎日更新している人もいます。

両者の差はなにか?

それはかんたんな話で、ネタ切れにならない、またはネタが豊富に湧き出るための方法を確立しているからにほかなりません。

マインドマップをネタの保管庫に

その一つとして僕が推しているのが「マインドマップ」です。

検索キーワード逆引き⇒マインドマップ化すればYouTube動画やブログのネタは無限。

関連する言葉を放射線状に書き出していくのですが、実はこれ脳みそのシナプスと同じ構造をしていて、アイデアを出すのに理になかった形式なのです。しかもおのずとロジカルツリーになっている。

芋づる式にアイデアが出てくるため綿々たるネタの保管庫として使うことができます。

YouTuberの動画ネタストック法

元ソニー出身で動画クリエイターであり、YouTuberならぬRyuTuberとして活躍されているRyuさんもマインドマップで動画ネタをストックされているようです。

ネタの樹形図🌲をつくる

あなたがネタにしたい【主要キーワード】の周辺にはどんな関連するワードがあるのか?

そんなときは「関連キーワード取得ツール」などを使って調べることもできます。

検索キーワード逆引き⇒マインドマップ化すればYouTube動画やブログのネタは無限。

【主要キーワード】をマインドマップのど真ん中に書いて、そこから関連ワードの枝を次々に伸ばしていくことでネタの樹形図ができあがっていきます。

これでもうネタ切れを起こす心配はありません。

マインドマップはただの道具に過ぎませんが、日常の仕事のなかで「道具」を使うとよさそうなシーンを見極めてぜひ活用してみてください(マインドマップ関連記事)。

仕事が軽くなりますよ。



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。