MindMeisterと統合!Microsoft Teams内でマインドマップを作成・チーム共有OKに

MindMeisterと統合!Microsoft Teams内でマインドマップを作成・チーム共有OKに。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

Microsoft TeamsとMindMeisterが統合され、Teams内でマインドマップを作成・メンバーと共有できるようになりました。

(※)Microsoft Teamsは、Office 365の一部であるチャットベースのワークスペースです。

ツールを切り替えずにマインドマップが使える

マインドマップは、順序や構造を気にすることなく、思考やアイデアを有機的にブレインストーミングするためのシンプルで効果的な方法です。トピックに関するすべての重要な情報を視覚的に収集し、1つのページに表示できるため、重点ポイントを簡単に確認・更新することができます。

MindMeister for Microsoft Teamsを使用することで、Microsoft Teamsのチャンネル内でマインドマップを作成し、共同で編集することができるようになります。

この統合機能により、異なるツールを切り替えることなく、すべてのマインドマップを整理・管理することができます。

MindMeister for Microsoft Teamsでできること

  • 新規マインドマップ作成するか、既存マップの管理
  • メンバーと共同でマインドマップを同時編集
  • 動的なプレゼンテーションとしてマップを表示
    など

MindMeisterダッシュボード(=管理画面)全体をMicrosoft Teams内に表示できます。2つのツールを切り替えることなく、すべてのマインドマップを「整理」して管理できます。

おもな利用シーン

  • アイデアの整理
  • ブレスト、ブレインダンプ
  • ビジネスプランの作成
  • 会議の議事録作成・共有
  • 顧客分析や課題整理
  • 顧客訪問時のヒアリングメモ
  • 自社メディアの原稿整理
  • WEBサイトのコンテンツやサイトマップ作り
  • プロジェクト計画の可視化
  • 戦略のアウトライン作成
  • 社内用プレゼンテーション資料
    など

動画(アプリ追加〜マップ作成)

⚠️(2019年9月追記)Microsoft Teamsとの連携機能は、Office365のビジネスまたは教育プランのユーザーのみが利用できます。

 

👇具体的な使い方の手順はこちらをご覧ください。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

2020年4月14日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。