紙で書く手書きマインドマップは時代遅れなんかじゃない

紙で書く手書きマインドマップは時代遅れなんかじゃない


カワゾエです。

ブレストや思考の「整理」に便利なアイデアツール《マインドマップ》。

世界1000万人が利用する「MindMeister」の公認エヴァンジェリストとして日々普及活動をしています。

アイデアを広げて整理するのにマインドマップという手法が便利です。

そのやり方には、

  1. 紙に手書きで書く
  2. オンラインで書く

の2種類があります。

「いいねそれやってみたい。紙とオンラインとどっちがいいの?」とよく聞かれるわけですが、それに対しては「どちらもよいです。ご自身に合う方で」といつも回答します。

オンラインの方が後発でチームでよく利用されていますが、別に紙であってもいいかと。時代遅れでもなんでもないですよ。

ちなみに僕が推奨している「MindMeister(マインドマイスター)」は後者になります。

すべてクラウド上でデータのやりとりがされるので、チームでよく使われています。

当然スマホアプリとも同期されるんで、スキマ時間にささっとマップ書いたり、アイデアを追記して深めたりすることもできます。

 

👇 こちらも参考にしてみてください。

【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

2018.07.26

《比較》マインドマップ、紙に書くか?オンラインで書くか?どちらが良いか比べてみた

2017.11.28

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり

(img via:Edoardo Costa)



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。