紙で書く手書きマインドマップは時代遅れなんかじゃない

紙で書く手書きマインドマップは時代遅れなんかじゃない


ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

アイデアを広げて整理するのにマインドマップという手法が便利です。

そのやり方には、

  1. 紙に手書きで書く
  2. オンラインで書く

の2種類があります。

「いいねそれやってみたい。紙とオンラインとどっちがいいの?」とよく聞かれるわけですが、それに対しては「どちらもよいです。ご自身に合う方で」といつも回答します。

オンラインの方が後発でチームでよく利用されていますが、別に紙であってもいいかと。時代遅れでもなんでもないですよ。

ちなみに僕が推奨している「MindMeister(マインドマイスター)」は後者になります。

すべてクラウド上でデータのやりとりがされるので、チームでよく使われています。

当然スマホアプリとも同期されるんで、スキマ時間にささっとマップ書いたり、アイデアを追記して深めたりすることもできます。

 

👇 こちらも参考にしてみてください。

【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

2018年7月26日

《比較》マインドマップ、紙に書くか?オンラインで書くか?どちらが良いか比べてみた

2017年11月28日

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり

(img via:Edoardo Costa)



あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。