【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

【超便利】顧客ヒアリングメモには「iPadにデジタル手書き」のマインドマップを使う

カワゾエです。

僕はふだん「はたらくを軽く」を旗印に、広報/PR系アドバイザーをやってます。行動指針は「サムライ」。身を軽くして思考をシンプルにするためです。

このブログを再開してなぜか仕事が増えてきました。

で、僕がよく初回のヒアリング時に使う手法が、いわゆる「マインドマップ」ですが、最近は「iPadにデジタル手書き」するというやり方です。

ノートアプリはどれを使う?

まずiPadにApple Pencil対応のノートアプリをインストールします。

この手のアプリもたくさんあります。

人気なのが、

  • Noteshelf2
  • GoodNotes4
  • MetaMoji
  • Apple純正メモ帳
  • Notability

あたりですが、僕は『Notability(ノータビリティ)』を使っています。

あと、Notabilityは作成したデジタルノートを、GoogleDriveやEvernoteなどのクラウド上に保存もできますし、自動バックアップもできます。

iPadがこわれて大事なヒアリングメモも消失ってリスクも防げます。

アイデアがどんどん湧き出る

もともとマインドマップって、単なるメモツールじゃないんですよね。

脳のシナプスと同じように放射線状になっていることから、思考が「外に」向こうとしています。

ゆえにアイデアが発散しやすい構造なんですよね。

しかも発散したわりには、全体として情報同士がつながっているという摩訶不思議なツール。

従来の一次元的なメモとには無い要素がたくさん。使わない手はありません。

 

👇そういえば、先日こんなラッキーなこともありましたw

 

カワゾエ
あ、手書きではなく、完全デジタルだったらMindMeisterがおすすめです。僕は用途によって使い分けてます。

ではまた!



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。