《マインドマップの達人 #036》感情が動いた瞬間をメモる!「感情日誌」が自分を動かす原動力になる

感情が動いた瞬間をメモる「感情日誌」

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を拾い集めて紹介しています。

36回目は、「感情が動いた瞬間をメモる!「感情日誌」が自分を動かす原動力になる」です(👉これまでの記事一覧

感情こそがユニークな情報

僕らをとりまく情報量は日々おそろしく増え続け、YouTubeなどでも玉石混合ではありますが、良質な情報がタダですぐに手に入る時代です。

インプットする情報は限りなくフラットになり、同一条件下では他者と差がつかなくなります。そこから一歩抜け出すには自分独自の情報が決め手となります。

たとえば【経験にもとづく感情】はその人のユニークな情報であり、感情の振れ幅が大きいほどその人自身を行動に突き動かす原動力にもなりえます。

日々の感情の動きを言葉として書きとめておくことで、自分の「軸」となり弱い自分を助けてくれます。

参考事例

👇 こちらの方は、感情の動きを言語化し、マインドマップでメモに残すことでアイデアの宝庫になっているそうです。

無料でサクッと作成するなら

川添ユウキ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。