《マインドマップ営業術》「今こんな企画を考えているんですよ」といったプチ提案ツールに使う

《マインドマップ営業術》「今こんな企画を考えているんですよ」といったプチ提案ツールに使う


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

ちょっとした提案にはマインドマップがちょうどいいです。

「今こんな企画を考えているんですよ」といった程度の「プチ提案」です。

《マインドマップ営業術》「今こんな企画を考えているんですよ」といったプチ提案ツールとして

どんなシーンで?

具体的にどんなシーンが有効かというと、

  • 本来の商談を終えたあと
  • 会社のレストルームで上司や同僚向けに
  • コワーキングスペースのビジネス仲間に

など思いつくシーンはたくさんあります。

仰々しくなく食いつきがよい

さっと、タブレットやノートPCをでマップを開くだけでOK。

社内向けには紙一枚にマップを書き出したものを示すだけでOK。

ホチキス数枚つづりの提案資料だとぎょうぎょうしい。

パワーポイント開くのもちょっといやらしい。

だけどこれが、シンプルに書かれたマインドマップだと食いつきがいい。

さっと全体像を示す

パワポのように紙芝居形式とは異なり、一覧性があるので短時間でさっと全体像を示しやすいのです。

提案といいつつも雑談のように話をします。

ついでに意見をもらって「なるほど」と、その場でマップに反映させます。

フィードバックを得つつ、企画をブラッシュアップできますし、言うなれば間接的に営業・PRをしていることになります。

 

タブレッドに手書きで「実はいま考えているのがですね….」と切り出して、ささっと描いて示すのもスマートかも。

《2019年版》iPadで手描きマインドマップおすすめ2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

2019.02.11


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。