《勉強法》メンタリストDaigo「声に出す音読、だれかに話しかけると学習効果が倍増」

《勉強法》メンタリストDaigo「声に出す音読、だれかに話しかけると学習効果が倍増」

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

クライアントの課題解決のために日々勉強を重ねていますが、今回は声に出して読み上げることで頭に入りやすくなる【音読】について紹介します。

これはメンタリストDaigo氏のベストセラー『超効率勉強法』の中でも取り上げられおり、「ひとりごと学習」よりもシンプルな方法で、テキストをそのまま口にして読むだけの簡単にできるテクニックです。

音読の3つのメリット

  1. 口や耳などの運動機能を多く使うため、学習がよりアクティブになる
  2. 声に出すにはテキストをしっかり読まないといけないため、単に目で内容を追うよりもおのずと深い学習となる
  3. 音読には「自己参照効果(※)」があり、記憶の定着率が高まる

(※)一時的に自分ゴトにしてしまう技法

話しかけるつもりで暗唱すると効果倍増

《勉強法》メンタリストDaigo「声に出す音読、だれかに話しかけると学習効果が倍増」

音読のメリットをさらに引き出すのが「話しかけるつもり音読」。

目の前にいるだれか話を聞いてくれそうな人はもちろん、だれもいなくても聞いてくれる人をイメージして読むだけで効果がさらに上がります。

どんな勉強法であっても、自分一人よりも他者を交えたコミュニケーションの要素を取り入れた方が脳は活性化し、記憶への定着が高まるという人間本来の特性がはたらくためです。

 

「音読」に関してよりくわしく知りたい方は、『超効率勉強法』をぜひ参照ください。

 

👇実際に超効率勉強法をやってみて効果があったものをランキング。一位はやはり◯◯でした。

【まとめBEST8】実際に効果があったメンタリストDaiGo超効率勉強法

【まとめBEST8】実際に効果があったメンタリストDaiGo超効率勉強法

2020年5月5日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。