《勉強法》メンタリストDaigo「寝る前にToDoリスト(タスクリスト)を作ると睡眠の質が上がる」

《勉強法》メンタリストDaigo「寝る前にToDoリスト(タスクリスト)を作ると睡眠の質が上がる」

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

クライアントの課題解決のために日々勉強を重ねていますが、今回は睡眠の質を高めつつ眠りにつきやすくなる【寝る前ToDoリスト作り】について紹介します。

これはメンタリストDaigo氏のベストセラー『超効率勉強法』の中でも取り上げられています。

眠れない原因は「翌日の不安感」

そもそも夜中にうまく眠ることができないのは、科学的には「翌日の不安感」がその原因と言われています。

毎日が忙しく、「あ、明日アレをやらないといけない」といった未消化のタスクが日中のみならず、寝る前さえも頭をよぎり、そこから生じた緊張感が睡眠の質を下げることになります。

ToDoリスト作りは寝る前5分でOK

「翌日の不安感」を払拭するために、頭の中にあるやらないといけないことを脳内にためておかず、見えるように書き出します。

《勉強法》メンタリストDaigo「寝る前にToDoリスト(タスクリスト)を作ると睡眠の質が上がる」

(リスト作りに使う時間は5分で十分)

人間たるや、目に見えないことを本能的に恐れる動物です。ゆえにやることを明確にできれば、重荷を下ろしたような気持ちが生まれ、不安による悪影響がグンと減ります。

某大学の調査によると、寝る前にToDoリストを作ることでいつもより学習内容を思い出しやすくなり、眠りにつくまでの時間が平均で9分ほど高くなったそうです(9分は睡眠薬を服用したのと同じ程度)。

 

👇実際に超効率勉強法をやってみて効果があったものをランキング。一位はやはり◯◯でした。

【まとめBEST8】実際に効果があったメンタリストDaiGo超効率勉強法

【まとめBEST8】実際に効果があったメンタリストDaiGo超効率勉強法

2020年5月5日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。