マインドマップを続けると「脳の銀行口座」に蓄える知的資本が増えていく。

マインドマップを続けると「脳の銀行口座」に蓄える知的資本が増えていく。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

なんともユニークなツイートを発見しました。

 

脳の銀行口座」という表現は言い得て妙です。

というのもマインドマップは、もともと脳内にある言語化されていない“ふわふわ”したアイデアを放射線状に書き出した知的情報です。

“ふわふわ”が知的情報に変わり、脳内にストックされていきます。

ダッシュボードに整然とストック

オンラインで利用でき、どんな端末にも対応している「MindMeister」の場合、作成したマップはダッシュボード(=管理画面)に整然とストックされていきます。

ミニマムなプレゼンツールにも

さらに極め付けは、ダッシュボードの中にあるマインドマップをひっぱり出して、そのままプレゼン資料として使えるということです。

 

パワーポイントのようにとくに体裁にこだわらなければ、ミニマムなプレゼンツールとしても機能します。

体裁を気にせずミニマムなプレゼン資料つくるならマインドマップ一択。

体裁を気にせずミニマムなプレゼン資料つくるならマインドマップ一択。

2019年1月27日
サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle

【実例動画】セミナーや講演のプレゼン資料にマインドマップを使う5つのメリット

2019年1月6日

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり



あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。