《マインドマップの達人 #013》報告会でのプレゼン構成を考える。情報の整理、時間配分も

《マインドマップの達人 #013》報告会でのプレゼン構成を考える。情報の整理、時間配分も

マインドマップの達人を目指し、いろんな使い方と事例を集めます。

13回目は、「《マインドマップの達人 #013》報告会でのプレゼン構成を考える。情報の整理、時間配分も」です(これまでの一覧)。

アウトラインをマップに書き出す

仕事なりサークルなり、なにかと活動するなかでプレゼンの機会は少なくありません。

とくに大勢の前でプレゼン報告をするのであれば、周到な準備がモノを言います。報告会でのプレゼン内容の概要(アウトライン)をマインドマップに書き出して全体を俯瞰し、チームでイメージを共有しておくとやるべきことがスムーズに運びます。

ブレストをしながら、発表したいことの要点を書き込んでいき全体像を見える化していきましょう。

参考事例

👇 こちらは徳島大学の某プロジェクトの会議の模様。マインドマップを投影しながら、情報を整理していきます。

無料でサクッと作成するなら

カワゾエ

オンラインで使える世界🌎1400万ユーザーのMindMeister(マインドマイスター)が軽くてシンプルでおすすめ。

ブレストや事業計画、自己分析、プレゼンツールなど使い方も自由自在。各デバイスで同期するので、「PCでざっくり作成⇒移動中にスマホで開いて編集」なんかもOK、まさにアイデアを持ち歩く感覚です。

MindMeister(マインドマイスター)