《コンサルタント×マインドマップ活用方法まとめ》顧客分析、課題整理、ヒアリングメモとしてなど

《コンサルタント×マインドマップ活用方法まとめ》顧客分析、課題整理、ヒアリングメモとしてなど

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

このブログではマインドマップの活用方法を中心に情報発信していますが、今回はコンサルタントの方にとっての活用法について書いた過去記事をピックアップして紹介します。

❶ ヒアリングメモ

コンサルの仕事はまず徹底したヒアリングと分析、そして課題の整理です。

このうち最初のヒアリングについて、見て聞いて考えたことを時系列にマインドマップ形式で保存します。

MindMeisterであれば共有設定も可能ですので、顧客との意識合わせのためにつねにシェアしておくのとよいかもしれません。

《訪問メモ術》コンサル訪問先企業へのヒアリングメモを時系列に記録する

《訪問メモ術》コンサル時のヒアリングメモをマインドマップ一枚にまとめておくことの安心感

2019年6月19日

❷ 顧客分析、課題整理

次に顧客分析と課題の整理です。これがもっともマインドマップの特徴を活かせる使い方ともいえます。

なぜなら課題一つとっても、その課題をとりまく別の課題が下の階層にいくつもぶらさがっているからです。これらを箇条書きで書こうとすると、課題の構造自体がわかりにくくなり解決案が見出しづらくなります。

マインドマップであれば、ロジカルツリー(論理的構造)になっているため、複雑な課題も視覚的に把握することができます。

👇こちらはクライアントの商流と課題(施策)をマインドマップで整理しています。

《マインドマップ》顧客分析やブレスト・課題整理などコンサルタントにおすすめなMindMeister

《マインドマップ》顧客分析やブレスト共有・課題整理などコンサルタントにおすすめなMindMeister

2018年1月19日

❸ 成果物として

とくに大手コンサルファームの場合、コンサル契約の成果物はWord書類100枚など大量の報告書がそれに該当します。

そもそもコンサルの対価はWord書類ではなく、経営課題の解決です。

とくにクライアントが成果物のカタチにこだわりがないようならば、マインドマップそのものを成果物として適用することもできます。

これまでのプロセスもマップに盛り込まれており、無駄な作成コストもかけずにすみます。

コンサル時の成果物は書類って誰が決めた?マインドマップ1枚にすると業務効率が大幅に上がる

2019年3月22日

❹ ZOOMと組み合わせる

毎回客先へと訪問しなくとも、ZOOMを活用することで遠隔でコンサルができる時代です。

ZOOMの場合、WEBの画面を共有しながら話をすることができます。あらかじめマインドマップに議題をまとめておいて、ZOOMに映し出してアイデアを書き足していくことも可能。

また議事録を別につくらなくても、マップそのものが議事録にもなるので一石二鳥です。

《脱労働集約型ビジネス》マインドマップ書いてZOOMで共有しながらコンサルティング

《労働集約型ビジネスで売上を上げる方法》マインドマップ書いてZOOMで共有しながらコンサルティング、これかなり効果的です。

2019年8月16日