セミナー資料作成はさっさと仕上げて「どうプレゼンすれば参加者に伝わるか」の本質に時間を投下する

セミナー資料作成はさっさと仕上げて「どう伝えれば参加者に伝わるか」の本質に時間を投下する

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

マインドマップならパワーポイントよりも圧倒的にセミナー資料作成の時間を圧縮できます。そもそも資料というのは補足情報なわけです。

さっさと仕上げて、「どうプレゼンすれば参加者に伝わるか」といったセミナーの本質に時間を投下できます。

パワポでプレゼン資料を作っていると、文字サイズを統一してみたり、海外のかっこいいフリー写真を挿入してみたりしたくなりと、ついつい体裁にこだわるあまり「パワポ沼」から抜け出せなくなってしまう。

昔からチャットワーク社の元CEOが、パワポではなく「マインドマップ」を推奨していたので、僕自身もそれを真似て5年前に完全シフトしました。

マインドマップだと情報全体が俯瞰できビジュアルでわかりやすく、かつ作成時間もパワポの5分の1で済むので、サクッとプレゼンしたい人にはおすすめです。

セミナー資料としてのパワーポイントとマインドマップの違いはなにか?

セミナー資料としてのパワーポイントとマインドマップの違いはなにか?

2020年4月9日
パワポでのプレゼン資料作成を止めたら可処分時間が増えました。

パワポでのプレゼン資料作成を止めたら可処分時間が増えました。

2019年6月7日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。