紙の大きさに制限されず、存分にマインドマップを描きたいならMindMeisterがおすすめ

紙の大きさに制限されず、存分にマインドマップを書きたいならMindMeisterがおすすめ


カワゾエです。

ブレストや思考の「整理」に便利なアイデアツール《マインドマップ》。

世界1000万人が利用する「MindMeister」の公認エヴァンジェリストとして日々普及活動をしています。

 

紙のノートなどに直接手書きで描くマインドマップ。

アイデアが広がれば広がるほど、描くスペースを圧迫します。

それがストレスになる場合は、オンライン(デジタル)型のマインドマップがおすすめです。

 

またはiPadで手書きする場合なら「Notability」というノートアプリを使いましょう。

マップを描く際にキャンパスを指で拡大縮小できますので、実質スペースに制限なく描くことができます。

《2019年版》iPadで手描きマインドマップおすすめ2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

2019.02.11

 

なお「紙とオンライン・マインドマップ比較」はこちらの記事を参照ください。

《比較》マインドマップ、紙に書くか?オンラインで書くか?どちらが良いか比べてみた

2017.11.28


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。