マインドマップは「下書き」であると割り切るべし

ついきれいに描こうと「マインドマップ沼」にハマる人は下書きと割り切るべし

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

「パワポの体裁沼」と同じ構図

そうなんです、紙に書いてもデジタルで書いてもどっちでもいいんですが、ついつい完成形をつくろうとするあまり!?、時間をかけてしまう人はいます。

ついきれいに描こうと「マインドマップ沼」にハマる人は『下書き』と割り切るべし

これは「パワポの体裁沼」と同じ構図です。

パワーポイントで資料作成するのだけれど、

  • フォントサイズを統一したり
  • 海外のきれいなフリー写真を追加してみたり
  • 意味のないアニメーションを入れてみたり

と余計な演出をしてしまいがち。沼にハマってしまった状態になっている。

サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle

体裁を気にせずミニマムなプレゼン資料つくるならマインドマップ一択。

2019年1月27日

「マインドマップ=下書き」

マインドマップも同じく、大量の情報をうまくまとめようとするあまり「マインドマップ沼」にハマることも。

ゆえに「マインドマップ=下書き」と割り切ったほうがいい。つまり最終的なアウトプットのかたちでもないということ。

 

マインドマップはあくまで「手段」です。

頭の中の思考を整理して、そこから価値あるアウトプットを導くことが「目的」。そのことからマインドマップはつねに、本来のアウトプットに向けた「下書き」であり、究極はメモ書きということです。

執筆時間を大幅短縮するなら、まず全体の構成をマインドマップで10分で書き出せ。

ブログやプレゼン資料作成、時間短縮のためにマインドマップで「設計図」を作れ。

2019年4月28日

 

もっともマインドマップそれ自体を「成果物」とすることもありますが、コンサルティングの報告書などごく一部の特殊例に限られます。

コンサル時の成果物は書類って誰が決めた?マインドマップ1枚にすると業務効率が大幅に上がる

2019年3月22日