iPad Proで「手書きマインドマップ書きたい」という人が増えている。

iPad Proで「手書きマインドマップ書きたい」という人が増えている。


カワゾエです。

ふだんマインドマッパーとして経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

SNSなんかみていても、「iPadで手書きマインドマップ書きたい」という人が増えている感があります。

とくに「iPad Pro」がリリースされてからは顕著です。

 

そこでぶちあたる最初の壁?が、どのアプリを使えばいいか?

個人的には、NotabilityとGoodNotes4あたりなのですが、これって個人によってこだわるポイントが絶妙に異なるんですよね。

 

上の方でいえば、まさかの「OneNote」を選ばれているわけですが、決め手はキャンパスサイズ無制限とインクカラーだそうです。

僕は「Notability」を使っていますが、

  • 描きながら録音できる
  • ライブプレビュー(再現)できる
  • 画面をピンチアウトできる

といった点が決め手です。

 

そう、やっぱりこだわるポイントが個々でばらつきがある。

ネット上にあるおすすめ情報に流されることなく、いろいろ試してみて自分のツボにはまるものを使うのが一番です。

《2019年版》iPadで手描きマインドマップおすすめ2大ノートアプリはNotabilityとGoodNotes4に決定!

2019.02.11


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。