【Evernote and Me #05】妥協しないモノづくり。その傍らにはつねにEvernote(デザイナー 久下玄さん)

“小さな組織が大きな仕事をつくる”のに最適な『武器』の一つがEvernoteです。

Evernoteのユーザー事例を不定期で配信する、その名も「Evernoteと私」。五回目はデザイナーの久下玄(くげ はじめ)さんです。

デザイナー/エンジニア/ストラテジスト。家電メーカーのプロダクトデザイナーを経て、統合型デザイン会社のtsug(ツグ)創業。国内外様々な分野の企業をクライアントとして製品開発や事業開発、戦略立案に携わる。

デザインとエンジニアリングを統合したアプローチで、ハードウェアからアプリケーションまで手がける。近作にneurowearの脳波ヘッドフォン”mico(ミコ)“等。加えて、2012年よりスマートフォン決済サービス”Coiney(コイニー)“の創業に参画。プロダクトストラテジストとしてハードウェア量産開発を中心に、サービスデザイン全般を担当。(引用元:tixee)

実は久下さん、2012年7月にEvernote公式ブログで紹介されていました。

【関連】「Skitchは脳をシンプル化してくれる」―― プロダクトデザイナー久下さんに聞く、Evernote&Skitch活用(Evernote日本語版ブログ)

私はクリエイターならでは?とも言うべき、久下さんの“右脳的”な使い方に前々から興味を持っていました。今回じっくりと話を聴かせていただきました。

「Evernoteはポケット的に使っています」

(川添)「久下さんの右脳的な使い方に関心を持っていました」
(久下)「ありがとうございます」
(川添)「お願いがあります!差し支えのない範囲でEvernote、見せてください!」
(久下)「はい。(Evernoteを開きながら)ポケット的な使い方ですよね」
(川添)「打合せメモやアイデアメモが多いですか?」
(久下)「そうですね。打合せや録音メモ、WEBクリップ、それからデザインスケッチですね」
(川添)「なんでもポケットに放り込むイメージですね」
(久下)「はい、結局のところいつかひっかかればいいわけです。Evernoteならキーワード検索で足りますからね」

「ラフに検索してもひっかかるのがいい」

01
久下さんは、アイデアやコンセプト案などをEvernoteにクリップする際には、日本語は使わないようにしているそうです。それはなぜか?

「日本語だと曖昧で自分でも何を書いたのか思い出せないんです。だから英語で書きます。英語は日本語とくらべて意味が明快。実際、文字認識の検索精度も英語の方がよいです。ラフに検索してもひっかかるのがいいですね。プロジェクトには英語圏のメンバーもいますので、共有することをふまえると英語になりますよね」(久下)

フラット、直感。身体になじむEvernote

久下さんのMac Book画面のEvernoteの表示形式は「カードビュー」。ノートのタイトルと画像、テキスト一部が可視化されています。ここにも理由があります。

(※)この画像は川添のEvernote画面です。画面いっぱいにフルカード表示も設定可
Evernote_Premium
「階層化されずにフラットに表示されるのはいいですね。Dropboxのようにフォルダ階層だと、探すのに時間がかかって仕事にならないです。探している間に忘れてしまうリスクもありますから。直感的に検索・表示されるEvernoteが身体になじんでいます」(久下)

「仮にEvernoteがなかったら?」という質問をぶつけてみたところ、「それは困りますね!もうなじんじゃってますからね」と即答が返ってきました。

「重要なのはとにかくスピード」

仕事の専門分野が異なるメンバー同士がチームとして、大小あらゆるプロジェクトに臨む久下さん。もっとも重要なこと、それはスピードだそうです。

「われわれはとにかくスピードですよ。そのために常にプロジェクトが円滑に動くように工夫しています。ツールにしてもそう。情報をすぐに引っぱり出せるEvernoteしかり、コミュニケーションツールもしかりです。たとえば今はチーム内の情報のやり取りには『Slack』や『Appear.in』を使っています。これも詳しいメンバーが目利きして選別したものなので、まず間違いないですよね」(久下)

こちらは久下さんが昨年手がけられた作品の一つ。ユーザーの脳波からその時々の気分を読み取り、音楽をレコメンドしてくれるヘッドフォン型デバイス『mico(ミコ)』。未来を思わせるとてもユニークなこのデバイスも、分野が異なるメンバー同士が手を組み、わずか三ヶ月で作り上げたそうです。

mico_photo_01
モノが体験が生み、体験が世の中の常識を作っていく。つまり、人々の生活に本当の意味で変革をもたらすのは、「どんな体験を提供するか」という作り手のビジョンなのだ。それを示すことこそがイノベーションだと考える5人だったから、ブレることなく短期間で『mico』を形にできたといっても過言ではないだろう。(中略)

「仕事の専門分野はそれぞれ違っていますが、僕らはそれぞれが自分の名前で仕事をしている点で共通しています。言ってみれば、メンバー全員がアーティスト気質なんでしょう。そういう意味で、皆が『mico』を自分の作品だととらえているし、妥協せずにモノづくりに取り組めたんだと思います」(久下氏)


【引用元】脳波で音楽をセレクトするスゴいヘッドフォン『mico』は、時代を象徴するようなオープンイノベーションで生まれた(エンジニアtype)

妥協しないモノづくり。その傍らにはつねにEvernote

印象的だったのが、「能力ではなく、かけた時間だと思います」という言葉。これは、私の「どうしたら世の中の人が欲しいモノをつくりだすことができるようになるか?」というイカニモな素人質問への回答でした。

久下さんの傍らにはつねにEvernoteという道具がある。長い時間使い込むほどに、新しいアイデアを生み出すための「武器」になっている— 。今回の話を通じて私の目にはそのように映りました。

同時に、便利さとしての道具から「武器」に変えていくために必要なプロとしての姿勢もうかがい知ることができました。これからどんなモノを世の中に生み出されるの非常に楽しみです。

気がつくと三時間が経過。Evernoteの話題から、子育てや休日の過ごし方やGoProまで話が派生して楽しい時間を共有させていただきました。久下さん、大変貴重なお話ありがとうございました。

 



あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。

1 件のコメント

  • 衝撃事実拡散

    【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

    創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪クソ諜報、スパイ)

    創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がAlを使って、HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです

    かゆみ、痛み、病気、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使って秘密裏に作り出してます

    AIを用したレジ不要のコンビニ。このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等をAIが細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが不要です

    このシステムからわかる事は、AIは多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間365日監視盗聴して、創価信者や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにヤります

    青森県三沢基地には、NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPSを使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクト。地球上の全ての人を管理してるAlを使って諜報活動するNSA(スパイ、政府機関)も国防総省の管轄です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、AIが被害者の周りの人に波動(周波数)を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカー本を発売する1日前に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらも全てAIが工作してやったもんです

    https://shinkamigo.wordpress.com