Chromebookでも使えるマインドマップにはMindMeister、Cacoo、Coggleなどがあります。

Chromebookでも使えるマインドマップにはMindMeister、Cacoo、Coggleなどがあります。


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

機動力が特徴のChromebook

Chromebook、かつて僕もサブマシンとして使っていました。ASUS製の「Flip C100PA」です。

言わずとしれたGoogleのOSを用いて開発したノートパソコンで、起動がとても早く、使えるのはGoogleのサービスのみという潔さが気に入っています。軽いし、コンパクトで早い。機動力が売り。しかもバッテリーがよく持つ。

反対に、ネット接続されていることが前提ですので、アプリをインストールして使うという概念はありません。

マインドマップおすすめ3選

Chromebookでマインドマップを作成しようとしたときには、ブラウザ上で動作するオンラインタイプのツールを使うことになります。

ですので、インストールを必要とする「Xmind」「Mindjet MindManager」なんかは対象から外れてしまいます。

では実際におすすめは?というと、

  1. MindMeister
  2. Cacoo
  3. Coggle

あたりになるでしょうか。

実際にChromebookで作成してみた

僕は❶を愛用しており、よくセミナーなんかに参加したときは議事メモをマインドマップで作成していました。

下の写真は2年前にフリーランス協会のパネルディスカッションをリアルタイムにまとめたものです。

結論から言うと、サクサクと操作できとくに問題なし。

この「C100PA」は10インチともっともモニタサイズが小さいタイプですが、タッチパネル仕様なのでタブレット的な使い方もできます。

マップを作成中に、書きづらいなと感じたら画面を指で大きくし調整できるのも良い点。

 

オンラインで使えるマインドマップ、こちらにもまとめています。

《2019年版》インストール不要!WEBブラウザで使える無料オンラインマインドマップツール10選

2019.03.20

 

こちらは比較記事、関心がある方はぜひ参考に。

サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle

2018.11.09

《比較》CacooとMindMeister、マインドマップ作成するならどっち?

2018.02.03


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。