マインドマイスター、無料と有料プランの機能の違いなどを簡単に解説します。

マインドマイスター、無料と有料プランの機能の違いなどを簡単に解説します。

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

オンライン型のマインドマップツール「マインドマイスター」ですが、たいていのユーザーさんは最初は無料で使ってみて、その良さを体感したらそのまま「有料プラン」へと移行するというパターンです。

❶ マップ作成数が「無制限」に

マインドマイスターの「有料プラン」でできることを簡単に解説します。

(「料金プラン」のページより)

その有料プランですが、無料との一番の大きな違いはなにかというと「マップ作成数が無制限」になることです。

(無料プランだと3つまでという縛りがあるものの、裏技的な方法で実質「無制限」で使えるワザも)

❷「ストレージ容量」の大きさ

使える「ストレージ容量」の大きさが違う点も挙げられます。

これはマップ内に写真等の画像をアップしたいときに、トータルでどれくらいの容量を使えるかというもの。

ただ考えようによっては、画像をマップ上にアップしなくても、Googleドライブなど別のクラウドストレージにアップして、そのURLをマップにリンクするという方法もありますので、状況に応じて使い分けるとよいかと思います。

❸ その他

あとは3種類ある有料プランのなかでも、できることの機能に差があります。

エクスポート可能な形式」の種類だったり、マップに独自の壁紙を貼り付けたりなど「カスタマイズ」ができたりなどです。

くわしくは「料金プラン」のページを参照ください。

※「プレゼンモード」は全プラン対応

僕がイチオシする「プレゼンモード」は、無料プランでも対応しています。

作成したマップがそのままプレゼン資料として使えるので、時間短縮にもなり助かっています。

パワポの半分の時間で資料が完成!ブレストとプレゼン資料作成が同一画面で完結するMindMeister

パワポの半分の時間で資料が完成!ブレストとプレゼン資料作成が同一画面で完結するMindMeister

2014年8月19日


あなたのアイデアを1枚のMAPで俯瞰しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。