《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

Microsoft Teamsは、Office 365の一部であるチャットベースのワークスペースです。このツールでは、チームチャットとプライベートチャットの両方を提供し、会議のスケジュールを立てたり、アプリ内でドキュメントに取り組んだりすることができます。

MindMeisterはMicrosoft Teams内のタブとして利用可能で、Teamsを離れることなくチームメンバーとマインドマップを作成するために、任意のチャンネルに追加することができます。

現在、Microsoft BusinessとEducationアカウントのみがOffice 365のログインを使用することができ、Microsoft Teamsとの統合が可能です。いわゆるMicrosoftアカウント(以前はMicrosoft Liveアカウントと呼ばれていました)はOffice 365ログインにアクセスできないため、Office 365 Homeサブスクリプションも使用できません。

MindMeisterをMicrosoft Teamsに追加

① Teams画面内で「+」ボタンをクリック

Microsoft Teamsに移動し、任意のチャンネルを開きます。トップバーの「+」ボタンをクリックして、新しいタブを追加します。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

②「MindMeister」を選択

開いたダイアログで、アプリのリストからMindMeisterを選択します。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説
MindMeister アプリがリストに見つからない場合は、MS チームの管理者に連絡して、MindMeister がアカウントでブロックされていないことを確認してください。それがうまくいかない場合は、Microsoft サポートに直接連絡して、何があなたのアカウントで MindMeister タブをブロックする可能性があるかを確認してください。

③ MindMeister にサインイン

その後、Office 365 アカウントで MindMeister にサインインするように求められます。

MindMeisterを使用したことがない場合は、Office 365のメールアドレスで新しいアカウント(ベーシックプラン=無料)が作成されます。もちろん、このアカウントを使用して mindmeisterに直接サインインしたり、マップをエクスポートしたり、アカウントをアップグレードしたりすることもできます。
すでにOffice 365のメールアドレスに関連付けられていないMindMeisterアカウントをお持ちの場合は、まずアカウントメニューの[接続されているアプリ]にアクセスして、MindMeisterとOffice 365アカウントを接続します。Microsoft Teams で MindMeister を追加する前に、必ずこの操作を行ってください。そうしないと、新しい MindMeister アカウントが Office 365 の電子メール アドレスで作成されます。

その場合、アカウントを統合したい場合は、support@mindmeister.com までメールを送信してください。

④ 新しいタブに名前を付ける

この新しいタブに名前を付け ❶、ゼロから新しいマップを作成するか、アカウントから既存のマップのいずれかを選択するかを選択します❷。完了したら、[保存] をクリックします ❸。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

⑤ マインドマップを作成する

これで、マインドマップを作成する準備が整いました。マインドマップにルートトピックに入力して名前を付け、TAB キーと ENTER キーを使用して、中心部を中心に新しいトピックとサブトピックをすばやく作成します。

ブレーンストーミングセッションにもっとスペースが必要な場合は、MindMeister のサイドバー ❶ の X をクリックします。チームチャットを切り替えるには、右側のチャットアイコンをクリックします❷。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

Microsoft Teamsで既存のマインドマップを開く

この統合全体にアクセスできるのは、Office 365にログインしているユーザーか、アカウントのOffice 365との統合ページからアカウントを接続しているユーザーのみです。Office 365 以外のすべてのユーザーは、マップが Microsoft Teams タブで接続されていても、どのマインドマップにも Microsoft Teams のリンクは表示されません。

なお Microsoft Teams への接続を作成および削除できるのは、マップの所有者のみです。マップ所有者以外のユーザーには、[Try in Teams] リンクは表示されません。
《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

マップが Microsoft Teams のタブと連携している場合、MindMeister でマインドマップにアクセスしている同じ Office 365 テナント (同じメール ドメイン) のすべてのユーザーに [Open in Teams]  リンクが表示されます。統合をキャンセルするには、[Open in Teams] にカーソルを合わせたときに表示される [キャンセル] ボタンを押すだけです。

《MindMeisterの使い方/操作方法》Microsoft Teamsとの連携追加する手順を解説

動画(マップ作成〜管理画面)

 

👉 MindMeisterの操作方法 [一覧]



あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。