文章書くよりもストレス少ないマインドマップ。議論や対話の内容をでその場でまとめて議事録完成

サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

経営者の方と議論や対話をするときに、意見を交わしながら「MindMeister」を使ってその場でまとめていくことをすることがあります。議論が終わればマップも完成していますので、議事メモとして先方と共有をします。

下の記事でもふれてありますが、マインドマップの利点は、情報同士の繋がりが一枚のマップに可視化されること。

相手と自分の頭の中をそのままビジュアルで描き表した状態なので、文章を書くよりもストレスが少なく、思考の整理にもっとも適しています。

最近だとコンサルタントの方によく利用されています。変化がはげしくて情報が分散しがちだからこそ、一枚のマップに思考を整理しながらストックしておく。

オンラインで「MindMeister」でクライアントとつねに共有し、必要に応じてアップデートしていくという使い方です。事業アイデアのブレスト、顧客分析から戦略の立案まで用途はさまざま。

【実例MAP有】会議や打合せ議事録をチームで同時編集しながらマインドマップで作る5つのメリット

2019.01.05

《マインドマップ》顧客分析やブレスト共有・課題整理などコンサルタントにおすすめなMindMeister

2018.01.19

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。