【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する「Stickies Capture」機能

【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する「Stickies Capture」機能

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

クリエイターに人気の無限ホワイトボード「miro(ミロ)」。ポストイットなどの紙の付箋紙をスマホ撮影して、データ変換したものをmiroのボードに貼り付ける方法について紹介します。

👉miro(ミロ)に関する記事一覧

miroの付箋に変換する「Stickies Capture」

Stickies Captureツールを使用すると、実際の付箋紙を編集可能なmiroの「付箋紙(Sticky Note)」に変換することができます。

それによって、リアルタイムで共有したり、共同作業をしたり、Jiraのタスクにしたり、デジタルダイアグラムやテンプレートの一部にしたりすることができます。

【miro】一番人気の「付箋紙(Sticky Note)」機能解説。何枚もまとめて一括で追加も

2020年4月19日

スマホで付箋を変換する方法

① モバイルアプリから任意のボードを開く

miroモバイルアプリ(iOS、Android対応)をインストールし、任意のボードを開きます。

② 付箋キャプチャーのアイコンを選択

「+」記号をタップしてメニューを開き、付箋キャプチャーのアイコンを選択します。

【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する

③ スマホで写真撮影する

紙の付箋紙の写真を撮影します(既存の写真を選択してもOK)。

【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する

④ 付箋データをmiroに取り込む

付箋が正しく認識されない場合は、これらの付箋をタップして輪郭を追加または編集します。

次に「Add to board」をタップします。ボード上で付箋を編集できるように、「Convert to text」のトグルを有効にします。

【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する

 

⑤ miroのボードに表示される

キャプチャした付箋がmiroのボード上に表示され、そのまま編集することができます。必要に応じてテキスト、色などを変更しましょう。

【miro】紙の付箋紙をスマホ撮影してOCR(文字認識)でデータ変換する

※留意点

  • 付箋紙の文字が認識されなかった場合は、画像データとしてそのままボード上に表示されます。
  • 日本語の読み込みはやや正確性に欠ける印象があります(2020年5月時点)。今後の改善に期待しましょう。

 

👇miroの[全概要] はこちらにまとめています。

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

2020年4月11日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。