【miro】タスク管理などさまざまな目的で使える「CARD(カード)」機能

【miro】タスク管理などさまざまな目的で使える「CARD(カード)」機能

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

クリエイターに人気の無限ホワイトボード「miro(ミロ)」。今回は、「CARD(カード)」機能について紹介します。

👉miro(ミロ)に関する記事一覧

「カード」とは?

  • 「カード」は、詳細な情報を追加するための機能で、計画やストーリーのマッピングを簡単にしてくれます。
  • 付箋紙とは異なり、情報の構造化がなされています。
  • わかりやすく言えば「情報の入れ物」であり、テキストやタスクなど、さまざまな目的で使うことができます。

カードを利用する

ツールバーに「カード」を追加するには、まずAppsでアイコンを見つけてツールバーにドラッグします。

ツールバーにカードアイコンを追加す

カードを追加する方法

カードをボードに追加する方法は4つあります。

  1. ツールバーからカードのアイコンをドラッグして、ボード上の任意の場所にドロップします。
  2. カードアイコンを選択し、ボード上でクリックします。
  3. Dホットキーを使用します。
  4. 任意のステッカーや図形をカードに変換します。

付箋をカードに変換する

カードの編集

  • カードはデフォルトでは青色ですが、パレットから色を選んだり、タグを追加したり、チームメンバーにタスクを割り当てたり、リンクや日付を追加したりすることができます。
  • リンク以外のすべての変更は、クローズドカードでもエキスパンデッドカードでも行うことができます(クローズドカードのみ)。

カードの設定

  • 見出しのテキストは表示されますが、カードが展開されていない場合、説明は非表示になります。
  • カードを展開するには、カードの右上にある展開アイコンをクリックするか、ポップアップメニューから展開します。

カードを展開して説明を追加する

展開時の説明フィールドのテキストをフォーマットするには、ショートカットを使用してください。

  • Cmd/Ctrl + B = 太字。
  • Cmd/Ctrl + U = 下線。
  • Cmd/Ctrl + I = イタリック。
  • “-” + 箇条書きのリストの場合、行頭にスペースを入れてください。

カードの見出しにテキストをフォーマットすることはできないようなのでご注意を。

ショートカットを使ったテキストの書式設定

  • 下部のコラボレーションバーには「カード」パネルがあり、自分に割り当てられたカードがある場合は、そのアイコンの上に青い点が表示されます。
  • それらのカードに目を通すには、下のバーにあるカードのアイコンをクリックして@をクリックし、必要に応じて「すべて読む」をクリックして既読マークを付けます。

カードの一覧を確認する

 

👇miroの[全概要] はこちらにまとめています。

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

2020年4月11日


あなたのアイデアを1枚のMAPで整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。自己分析、キャリア棚卸し、プレゼン資料、事業プラン整理、議事録など使い方は自由自在。