y=f(x) で広がる知的領域。ビールを基点に人と人のつながりを広げていく

y=f(x) で広がる知的領域。ビールを基点に人と人のつながりを広げていく

カワゾエです。

福岡でフリーランスやってます。僕の行動指針は一貫して「サムライ」です。わが身を軽くして思考をシンプルにするためです。

僕が主宰する活動のひとつに「ManaBeer(マナビール)」という🍺を片手に学ぼうという主旨の勉強会があります。

ManaBeerとは「学び×ビール」の造語で 《学びたい》と《飲みたい》の2つの欲求を同時に満たすコミュニティ型勉強会です。

ここの取り組みって前川くんという年下の友人から、ある日「ビジネスのこと教えてください!」と懇願されたことを機に、「じゃあ、一緒になんかやろう」ということではじめたものなんです。

彼は僕よりも機動力があり、勉強会の段取りなどよく動いてくれて助かっていますw

 

それはさておき、一緒にやってよかったなあと思えることがあります。

なにかというと、年下のメンターを持つことによって、新しい視点が得られたり、自分の思考を軌道修正できるということです。

年下のメンターを持つことで「時代の不用品」になっていないかを定期チェックする

2018.10.30

 

彼は某国公立大の数学科をトップで卒業してまして、数学の学問としての美しさやビジネスへの応用などを教わることがあります。

「ManaBeer」もそんな数学的な着想から、かつて授業として学んだことのある

関数 y=f(x)

にあてはめて運用することをイメージしています。

  • y=ManaBeerだとすれば、
  • f=🍺であり、
  • (x)には学びたいテーマが入ります。

つまり、あくまで f は🍺(クラフトビールに限っています)で固定させ、(x)を可変させる。

そもそも勉強会の目的は、🍺を基点にかけ算として (x) の知的領域、そして人と人のつながりを広げること。

まだ駆け出しではありますが、そんな関数的な考え方を活かし、ManaBeerを「日本一上機嫌に学べる場」にしていきます(公式ページ参照)。

というわけで次回開催は11/8(木)で、 (x) には「LGBT」が入ります。

参加無料、🍺のみキャッシュオンとなっています。

関心のある方はぜひ知的領域を広げに来てください。

 

「書く」を武器に、メシ食べません?

今年9月より、「書く」を武器にメシを食っていく人たちのコミュニティ『書くメシ』をはじめました。約60名のメンバーが同じ釜のメシを食べながら切磋琢磨しています。現在【第1期】メンバー募集中です!



今日も17時から🍺を飲もう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。