「言語化する力」「書く力」を高めるのにツイッターはかかせない。

「言語化する力」「書く力」「情報発信の感度」を高めるのにツイッターはかかせない。


カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」して、進むべき道筋をつくる仕事をしています。

頭の中にあるふわふわとした考えを相手に伝えるときは、うまく「言語化」しないといけません。

その「言葉に変換する力」をはじめ、しいては「書く力」を高めるのにツイッターの活用はかかせません!

 

先日も書きましたが、Twitterは、ひらめきをコンパクトに言葉に変換するフローメディアで、言語化能力と瞬発力が鍛えられる。

よく比較されるのですが、ブログは思考やノウハウを蓄積するストックメディアで、編集力と構成力が身につきます。

本来であれば、両者を使い分けるのが理想でして「情報発信の感度」がかなり高まります。

 

しかしながら限られた時間の中で、一挙両得を狙おうとしても中途半端になりがちです。

まずは気軽に発信できるツイッターからはじめてみることをおすすめします。

一定期間続けてみることで、マーケティング力、コピー力、共感力などが磨かれていくのが肌感覚でわかってきます。

Twitterとブログを駆使して情報発信の感度を高める。

2019.02.27


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。