修正・アップデートしながら前に進んで行く“心地よさ”

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
修正・アップデートしながら前に進んで行く“心地よさ”

「働き方改革」って言うけど、その着地点は個人によってばらつきがあります。

僕の場合は、いかに”心地よく心軽く”はたらけるかです。個人でもそうですし、チームではたらく場合もそうです。

チームの場合、たがいに深くは介入しすぎず、「基本任せる」というスタンスがもっとも自分にあっています。

あと、多少荒削りでもひとつずつ前に進める、そんな「リズム感」も大切にしていています。

「え!?そこ?」と、途中途中でとても細かい指摘をなさる担当者の方がたまにいらっしゃいますが、どちらかというと僕は苦手です。

ざっくり言いますと、

根っこのところさえガチっと合意できていれば、あとの枝葉はあとからいつでも起動修正できる余地を残しておきさえずればOK、だと思うのです。

要は、つねに「前に進んで行ってるぜ!」感を感じながら仕事ができているか。その感覚が身体と常時接続されている状態が“心地よさ”だと思います。

引き続き、「修正する」「アップデートする」を前提とした仕事をしていきます。

 

👇本日「高松プラットフォーム・ラボ」のプレス配信されました!

https://twitter.com/kawazoezoe/status/999483415001907202



“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。