Twitterのエゴサーチを「起点」にブログ記事コンテンツつくる方法

カワゾエです。

ダビンチやピカソが原型のアイデア発想法「マインドマップ」。

僕は、世界1000万人が利用する作成ツール「MindMeister」の国内唯一のエヴァンジェリストとして、日々普及活動をしています。

目的は?というと、ユーザーを増やすことです。その手段として情報発信があります。

ではどんな情報を発信するのか?

 

ユーザーインタビューなんかはその一例です。

こちらはヘビーユーザーであるチャットワーク社への記事。以前取材させてもらいました。

Twitterのエゴサーチを「起点」にブログ記事コンテンツつくる方法

🔗ChatWork Uses MindMeister to Decrease Meeting Time (Case Study)

 

ただ取材ともなると、時間的なリソースをともないます。

 

で、ここから本題ですが、もっと簡素にかつ持続的に発信できるコンテンツとして、「Twitterエゴサーチ」を利用した方法を紹介します。

 

ポイントとしては、

コンテンツをゼロベースで考えなくてもよく、他人のツイートを「起点」にコンテンツを作りあげるということ。

つまり、他人のツイートに便乗してネタをふくらますといったイメージです。時間短縮になります。

 

やり方は簡単です。

  1. 自社のサービスをエゴサーチする
  2. PRに使えそうなツイートを選ぶ
  3. そのツイートをブログ記事に埋め込む

 

この方法でシリーズ化したコンテンツがこちら(使い方や事例をまとめています)。かなりのユーザーがここを経由して登録しています。

🔗マインドマップの達人[一覧]

 

僕らは、ゼロベースで物事を語るのはハードル高いと感じます。でも向こうからネタが降ってくると、それに対してあれこれ意見を言うことはできます。

会社の企画会議でもそんな人いますよね?

自分の意見は持ってないくせに、他人が案を出すとそれに対してあーだこーだ語り出す人。

その「あーだこーだ」をコンテンツにしてしまおうという発想。

乱暴なたとえですが、構図としては同じようなものです。

 

「書く」を武器に、メシ食べません?

2018年9月より、「書く」を武器にメシを食っていく人たちのコミュニティ『書くメシ』をはじめました。約70名のメンバーが同じ釜のメシを食べながら切磋琢磨しています。現在【第1期】メンバー募集中です!



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。