仕事がおもしろければ「タスク管理」は記憶頼りでOK

仕事がおもしろければ「タスク管理」は記憶頼りでOK

アイガモ🦆代表の川添です。

フリーランスになってからタスク管理というものをしたことがありません。

すべて「記憶頼り」です。

もちろん「いつなにをしないといけない」といった先々のスケジュールはツールを使って管理をしていますが、「今日はなにとなにをする」といった細かい作業は、脳みその中でリスト化されているのでそれを頼っています。

 

そもそも「やらされ仕事」をしていると、発生したタスクはなるべく「自分の中にとどめておきたくない。外部で管理したい」という意識がはたらいてしまいます。

反対に自分がイニシアチブをとって主体的に仕事をしていると、「次はあれをしないといけない」と頭の中でプロジェクトのタイムラインが描かれていますので、外部に委ねずにすむわけです。

オッサンになるほどに細かいタスク管理はしなくなる。

オッサンになるほどに細かいタスク管理はしなくなる。

2019年10月9日