自己紹介タイムはプレゼンタイム。「自分は諸葛孔明タイプです」と言ったら仕事ドカン。

自己紹介では「三国志の登場人物にたとえると諸葛孔明です」と言い切ります。

カワゾエです。

最近は知人に誘われたりして、いろんなイベントや交流会のような集まりに参加する機会が増えています。

で、毎回つまらないなあと思うのが自己紹介タイム。

だってみんな同じようなことを言っているから。

 

でも10人いたら1人くらいは「印象」に残るような自己紹介をしている。

彼の話をよく聞くと

  • 凝縮された短いエピソードを盛り込む
  • キャッチーなキーワード(独自の造語が多い)を盛り込む

など工夫が凝らされています。

「これは参考になるな」と思いつつもその矢先、後日、中小企業の経営者が集まるビジネス交流会に参加する機会がやってきました。

で、お約束の自己紹介タイム。

持ち時間は一人わずか30秒。

 

僕の番がやってきたとき、ここぞとばかりに次のように言い放ちました。

はじめまして。川添と申します。諸先輩方を前にして恐縮ですが、自分のタイプを三国志に出てくる人物にたとえるなら「諸葛孔明」です。

ここまでで10秒経過。

 

で、そのあとに、

  • なぜそうなのか?
  • 自分と組むことでどんなメリットがあるか?

を残り20秒くらいでコンパクトに伝える。

 

三国志好きまたは歴史好きな経営者というのは、比較的多いことからウケもよく、「あ、諸葛孔明の人ね」と印象づけもばっちり。

その後の交流タイムで話込んで、

「来週あたり折り入って相談したい」

と何社からか仕事のオファーが。

マンガみたいな話ですけど、実は実話です。

 

自己紹介タイムって、絶好のプレゼンタイムですね。

だってその時間は、全員が話し手に対して「一点集中」して聞かざるをえない姿勢になってますからね。

とても効率的です。



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。