「戦略的」と付け加えるとカッコ良い風になるライフハック

「戦略的」と付け加えるとカッコ良い風になるライフハック

カワゾエです。

twitterでおもしろいと感じたツイートには「ふぁぼ(お気に入り登録)」していますが、これなんかもその一つです。

平凡な言葉でも、「戦略的○○」と名付けるだけで、知的に計画立てられたという雰囲気を演出できます。

たとえば僕もこれまでのキャリアとして、「会社員⇒NPO⇒経産省⇒フリーランス(今ココ)」といった一見するとアベコベなキャリアを歩んできたのですが、単なる「転職」ではなく、都合よく解釈すると「戦略的転職」になります。

 

👇実際に第三者に対してはたとえばこんな風にプレゼンをします。

いずれは組織形態にかかわらず、横断的に課題解決ができる仕事をやりたいと考えていました。

他の人からすればジョブホッパーに映るかもしれませんが、僕にとってはその都度、ご縁をいただきながらチャンスを活かしてきました。いまはフリーランスとして、なんのしがらみもなく柔軟に動くことができています。

将来を見据えてのキャリアチェンジ、僕はこれを「戦略的転職」と呼んでいます。

あとは、

「健全的○○」もたまに使います。

これを使うとポジティブな意味合いになります。

「ズブズブな関係」も「健全的ズブズブ関係」と言いかえます。

 

👇使用例がこちら

長期にわたってお客さんと深いつながりを持ち価値提供をする。

僕はこれを「健全的ズブズブ関係」と呼んでいます。

ほかにもたくさんあります。

「戦略的」も「健全的」も、それをくっつけただけでオリジナル造語のできあがりです。

適当な言葉が見当たらなければ、組み合わせて自分でつくればいいだけですしね。

そうやって新しい概念をどんどんつくっていくと仕事もたのしくなるといいますか、無意識に自分の能力を拡張してくれる演出効果があります。いわば自己洗脳です。

まあ、あまり連発すると、単に調子いいやつと思われるので節度を持って使用しましょう。

フリーで食っていくコツですか?特定の顧客と“ズブズブ”の関係になることです。

2018.08.24

コトバを都合よく変換して“自己洗脳”すればうまくいく

2018.05.21


はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。