「転職したい」「商品売りたい」「集客したい」ならストーリーを語れ。


カワゾエです。

ふだんマインドマッパーとして経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

人はストーリーで動く

ここ数年、バズワード的によく使われる「ストーリー」という言葉ですが、やりたいことを実現する手法としてこれむちゃくちゃ大事な考え方です。

ふだん多くの人は情報を消化できず、スルーという技を華麗に使いこなして生きています。

情報というのは、物語化(ストーリー)してはじめて

  • 共感
  • 感動
  • 応援したい
  • 紹介したい
  • 頑張ろう
  • 買ってみよう

という感情をかきたてたり、なにかしらのアクションをうながしたりするものです。

年号暗記もむりやりストーリー化

ストーリー化されなければ、人の記憶には残りません。

たとえば、辞書。

「一時間読みなさい」という課題を与えられたとした場合、多くの人は苦痛をともないます。

たとえば、中学高校で学んだ歴史の年号。

それ自体がなんとも無機質な情報であるゆえ「しんどい!」という人が大半です。もちろん丸暗記でOKという人もいるでしょうが、時間の経過とともに記憶は薄れていきます。

覚えやすくかつ記憶に残りやすくするために「いい国つくろう鎌倉幕府(1192年)」よろしく、わざわざ語呂合わせ的なストーリーで覚えようとするのも合点がいく話です。

ストーリーを「編集」する

ここ数年の働き方改革の波にのって、個人向けにキャリア系の仕事が増えています。

とくに転職相談においては、志望する企業への面接時への「自己アピールをどうするのか?」という課題に直面します。

少し前に、《悶々ボーイ》と《楽観ボーイ》の違いについて書きましたが、これまで歩んできたキャリアが「従属的」な人はストーリーを作りづらいのは確かです。

《図解》肩書き多いのに悶々とする人としない人の決定的な違いはなにか?を解剖する

2018.12.18

ただそれでも仕事として受けている以上は、企業へメッセージが届くようなストーリーを一緒に考えています。

やってないことをあるように仕立てるのはNGですが、

  • これまでのキャリアの轍(わだち)
  • 節々で本人がどんな意思決定をしてきたのか?

という相談者の情報をもとに、物語の「編集作業」をするイメージです。

やってきたことは一見カオスのようにみえても、本人が気づかないような要素を見出したりすることで知られざる物語がうまれます。

相手を動かすすべてにストーリーが必要

ストーリーはなにもキャリア面接にかぎったことではなく、

  • セミナーを開いて集客する
  • 自社サービスを買っていただく
  • 自分に出資してもらう
  • 新しいスマホを買うためにパートナーに承諾を得る
  • ZOZO前澤社長に100万円お年玉もらう

など公私に関係なく、相手を動かすためのすべてのプレゼンテーションに言える手法です。

ストーリーをつくるのが脳の仕事

逆も真なりで、

物語性のない中で、なにかの概念を相手に理解させたり動かそうとするのは極めてむずかしいことです。

相手がどうこうということではなく、これはもう人間の脳みその構造の問題でして、

そもそも人間の脳が、

  • 「ストーリーを理解するようにできている」
  • 「ストーリーを欲している」

と脳科学的にも言われていることでもあります。

つまり、断片的に入ってくる情報をつなげてストーリーをつくるのが脳の仕事になるわけです。

いわば歴史の年号を丸暗記する作業というのは、脳に対して意味なく負荷を与えてブラック労働を強いているとも言えそうです。

日々の気づきをストックしておく

僕は今年に入って新しく肩書きを変えたのですが、自分なりになぜそれに至ったのかをふりかえりながら言語化しました。

「頭の中のぐるぐる🌀を整理する人」になりました。

2019.01.08

いきあたりばったりなキャリアでは、《悶々ボーイ》予備軍としてリスト入りしてしまいます。

そうならぬよう日々の気づきを、ブログなり日記なりに数行でも書き留めてストックしておくことをおすすめします。書くことは自分と向き合う「内省」することでもあり、いくつもの内発的な断片がストーリーとしてつながる日がやってきます。

僕が「書くメシ」というコミュニティを主宰しているのも、メンバー本人の自己理解をうながし、やりたいことを実現する手助けになればという思いがあるためです。(1/10現在 会員75名)

 

僕自身これからもやりたいことはたくさんありますし、そのためには協力者が必要です。

恣意的にならずに、相手にとってもよい影響があるようなストーリーをたくさん作っていきたいと思います。

 

ちなみに例外として、ストーリーなしでも相手を動かす分野もあります。

それは「エロ」と「グルメ」ですw

「なぜうちのサービスは認知されないのか?」の9割はそのための努力をしていないから

2018.11.18


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。