19.8gと軽くてシンプルな愛用ペン「シャーボX」を写真付きで紹介します!

軽くてシンプルな愛用のペン「シャーボX」の使い方を写真付きで公開します!


カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

先日、「ZEQUENZ360」ノートの使い方を写真付きで公開したところ、30冊くらい売れましてお買い上げいただいた方、ありがとうございました。

あらためて仕事道具系のコンテンツは食いつきがいいなあと、みんなそれで仕事がデキる気になると錯覚してないか?ということだけが、一抹の心配ごとであります。

「ZEQUENZ360」ノートの使い方を写真付きで公開します!

2019.01.13

 

さて、ノートが好評だったのでペンの紹介もしたいなと思います。

ZEBRA「シャーボX」

「シャーボX」商品ラインナップ

なにがいいのか?

もともとシャーペンとボールペン数色が一体化しているタイプのペンが欲しく、あらゆる文具店をくまなく探し回ったところもっともシンプルで軽かったのが「シャーボX」でした。

※「シャーボ」は昔からありましたが、好きにカスタムできるモデルが「X」シリーズのようです

最近は手書きでノートを書くことが多く、とくに直感にまかせてマインドマップを多用しているため、僕にとって「軽い!」というのは絶対条件なのです。

19.8gと軽くてシンプルな愛用ペン「シャーボX」を写真付きで紹介します!

メーカーのウリとしては、ボディを入れ替えたり、ネーム刻印などもカスタムでできるようですが、そのあたりは興味ないためスルーです。

価格は4段階、最安モデル3000円〜

価格はグレードにあわせて4段階あります(定価)。

  • 「LT3/ST3」3000円
  • 「CL5/SC5/ST5」5000円
  • 「CB8」8000円
  • 「TS10」10000円

ちがいは何かというと、ボールペンの色数の多さやペンの素材や塗装がリッチかどうか、あとは重さです。

どれにするかは予算や好みになりますが、僕は「LT3」という最安モデルを選びました(重さは19.8g、色はシルバー)。

なぜなら全モデルでもっとも軽いはもちろんなのですが、ふだんからペン自体をよく失くすのです。なので安いに越したことはありません。ちなみにApplePencilは3本目です…。

フォトギャラリー

外観

軽くてシンプルな愛用のペン「シャーボX」の使い方を写真付きで公開します!

外観写真です。写真が暗い…。

しっくりとした回転の作動感や、ガタつきのない高い剛性、厚手の手帳にもはさみやすいバネ性のあるクリップなど、感性品質と合理性を追求し、創造する力を高めた仕様になっています。

ロゴ

軽くてシンプルな愛用のペン「シャーボX」の使い方を写真付きで公開します!

ロゴです。なかなかかっこいいです。

替芯

軽くてシンプルな愛用のペン「シャーボX」の使い方を写真付きで公開します!

「LT3」モデルはボールペン2色+シャーペンという仕様です。

僕の場合、前者は赤と黒、シャーペンは使わないので外しています。これで多少は軽量化になります。

「ZEQUENZ360」に挟む

軽くてシンプルな愛用のペン「シャーボX」の使い方を写真付きで公開します!

「ZEQUENZ360」のノートとの相性は抜群です。ふだんは上のように表紙のところに挟んでいます。

 

「シャーボX」商品ラインナップ

 



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。