「社長、ShachoSnapを全社導入してください!」ある営業マンの直談判

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
「社長、ShachoSnapを全社導入してください!」ある営業マンの直談判

年末が近づくにつれ、社長専用スキャナー『ShachoSnap(シャチョースナップ)』が好調な売れ行きである。

すべては”バイバイ計画”達成のために

通常は社長単独の意思決定でオーダーいただくことが多い。が、先日ある会社で、入社2年目の営業マンが社長に進言し、導入にいたった。

そう、社長への直談判。
以下ヒアリングを元に忠実に再現する。

「社長!ひとつ提案ですが、わが社もペーパーレス化して機動力を高めませんか? 先日の全社会議のなかで、『来期は商談2倍で売上2倍の”バイバイ計画”でいく』と、社長おっしゃっていましたよね? ですから現場としても顧客との接点を増やすために、もっと身軽に動けるようにしたいんです。

いま時代はクラウドです。すべての顧客情報を全社で共有して紙のムダをなくし、迅速に商談に持ち込めるようにしたいと思います。そのためにあらゆるクラウドサービスと連携(※)した『ShachoSnap(シャチョースナップ)』を全社的に導入していただけないでしょうか。なんでも『社長の仕事が楽になる』というキャッチフレーズがウケてバカ売れしているみたいです。」

(※「ScanSnap Cloud」:iX500・iX100利用ユーザーへ無償提供)

熱意に打たれて三台オーダー

来期2016年度を勝負の年と位置付けているこの会社。

社長、ぜったい売上達成しますから!

営業マンの熱意に打たれた社長は、『ShachoSnap』を三台オーダー。内訳は、社長用に『iX100』一台、営業部とカスタマーサポート部に『iX500』一台ずつ。

導入してまだ間もないものの、さっそく『ShachoSnap』が活躍しているという。完全ペーパーレス化まではそう時間はかからないだろう。

”社長へのセールストーク”に

「うちの会社、IT商材販売してるのにアナログすぎる」
「見積も提案書も全部紙で他社にスピード負けする」

などと嘆いている現場営業マンの方々、『ShachoSnap』の全社導入を社長へ直談判してはどうだろう?

ぜひ上述のトークを、”社長へのセールストーク”に(パクリOK)。

「社長、ShachoSnapを全社導入してください!」ある営業マンの直談判

【ご注意】
これは「忙しい社長にこそ、専用スキャナーを使っていただきたい!」という主旨の提案型勝手コンテンツです。『ShachoSnap』は実在しません。

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!


🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。